報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

春日部市長選訴訟 岩谷氏の請求棄却 東京高裁

 昨年10月の春日部市長選で落選した同市の岩谷一弘市議(52)が選挙手続きに問題があったとして4選した石川良三市長(67)の当選無効などを求めた訴訟の判決で、東京高裁は12日、原告の請求を棄却した。
 岩谷氏は「同じ日に実施された衆院選の投票箱に市長選の投票用紙が混入した可能性がある」などと主張したが、都築政則裁判長は、混入があれば開票作業で明らかになったはずだと退けた。
 市長選で石川氏と岩谷氏は8票差だった。昨年11月に有権者が市選管に異議を申し立てた。市選管は再点検したが、5票差にとどまり、当選者は変わらないとして申し立てを棄却。県選管も今年3月、同様の判断をした。岩谷氏は産経新聞の取材に「判決を真摯(しんし)に受け止める。今後の対応は弁護士や支援者と相談して決めたい」と述べた。一方、県選挙管理委員会の細田徳治委員長は「選管の判断が支持されたと認識している」とのコメントを出した。
(7/13(金) 7:55 産経新聞)

春日部市長選やり直し訴訟 東京高裁控訴棄却/埼玉県

 去年10月の春日部市長選挙の当選は無効だとして、僅差で現職に敗れた新人の岩谷一弘氏が県選挙管理委員会を相手取り裁決の取り消しを求めた訴訟で、東京高裁は12日控訴を棄却しました。
 去年10月22日に行われた春日部市長選挙は、現職の石川良三氏が新人の岩谷一弘氏をわずか8票差で破り、4回目の当選を果たしました。その後、有権者が無効票の中に有効票がある可能性を指摘し、市の選挙管理委員会がすべての票を再点検した結果5票差となり、県選挙管理員会による再点検でも市と同じ裁決でした。
 訴状によりますと、石川氏の有効票の中には、無効票や岩谷氏の有効票とすべきものがあり、正当に評価すれば岩谷氏の票が上回ると主張しています。
 12日の裁判で都築政則裁判長は「各候補が任意の立会人を用意し自由に疑問を言える環境だった。市の選挙管理委員会の手続きは違法だったといえない」と指摘しました。また、県選挙管理委員会による再点検についても「石川氏の有効票の中に無効票や岩谷氏の票が入っているとは認められない」として、控訴を棄却しました。
(7/12(木) 22:16 テレビ埼玉)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます