報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

中学で飛び降り強要、2審は4人共謀認める判決

 埼玉県草加市の中学校で2012年、同学年の生徒4人に教室から飛び降りるよう強要され大けがをしたとして、当時中学2年だった男性(19)が元生徒らに約5460万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が28日、東京高裁であった。
 斉木敏文裁判長は、元生徒2人に約614万円の支払いを命じた1審・さいたま地裁判決を変更し、元生徒4人に約1185万円の支払いを命じた。
 判決によると、男性は12年4月、4人から「飛べないなら金払え」などと迫られ、2階から約3メートル下に飛び降りて全治1か月の重傷を負った。1審判決は、4人のうち2人について「飛び降りを決意させるほどの関与はなかった」としたが、高裁判決は「4人で共謀した」とした。
(2018年03月29日 18時05分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます