報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性生き埋め殺害、元少女に2審も無期懲役判決

 2015年4月、千葉県船橋市の女性(当時18歳)から財布などを奪い、生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人罪などに問われた元少女(21)の控訴審判決で、東京高裁(後藤真理子裁判長)は11日、無期懲役とした1審・千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、元少女側の控訴を棄却した。
 判決によると、元少女は同月、知人の井出裕輝被告(24)(1、2審で無期懲役判決、上告中)らと共謀し、千葉市の路上で女性を車に乗せて監禁。財布などを奪い、同県芝山町の畑に女性を埋めて窒息死させた。
 弁護側は「殺害を共謀していない」として強盗罪などが成立するだけだと主張したが、高裁判決は「元少女が井出被告に殺害を依頼しており、確定的な殺意があった」として退けた。
(2018年12月11日 19時25分 読売新聞)

千葉少女生き埋め、2審も無期懲役 殺意認定

 千葉県芝山町の畑で平成27年、船橋市の少女=当時(18)=を生き埋めにして殺害したなどとして、強盗殺人と逮捕監禁の罪に問われた当時18歳だった元同級生の女(21)の控訴審判決公判が11日、東京高裁で開かれた。後藤真理子裁判長は、無期懲役とした1審千葉地裁の裁判員裁判判決を支持し、女側の控訴を棄却した。
 1審は、少女が殺害を実行した男らに殺害されてもかまわないという未必的な故意を認定していたが、後藤裁判長は、事件前の女の発言などから女が男に殺害を依頼したと判断。確定的な殺意を認めた。
 判決によると、女は中野翔太受刑者(23)=強盗殺人罪などで無期懲役確定=らと共謀し、27年4月19日夜、千葉市内で女性を普通乗用車に乗せ、緊縛するなどして監禁。女性の財布などを奪った上、翌20日未明、芝山町の畑に女性を生き埋めにし殺害した。
(2018.12.11 13:21 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます