報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

85歳女性、二審も禁錮刑 東京・立川の2人死亡事故

 東京都立川市の病院で2016年、車が暴走して2人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた上江洲幸子被告(85)の控訴審判決で、東京高裁は31日、禁錮2年とした一審東京地裁立川支部判決を支持、被告側の控訴を棄却した。
 弁護側は、事故直前に入院中の夫の病状が悪化し、疲労や不安が極限状態だったことを考慮すれば、一審判決は重すぎると主張。高裁の藤井敏明裁判長は「同情すべきものはあるが、量刑を改める事情ではない」と退けた。
 判決によると、16年11月12日、立川市の国立病院機構災害医療センターの敷地内で、ブレーキとアクセルを誤って車を暴走させ、八王子市の会社役員安和竜洋さん(当時39)と小平市のパート市川妙子さん(同35)をはねて死亡させた。〔共同〕
(2018年10月31日 15:43 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます