報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

PDF

平成29年6月8日宣告東京高等裁判所第6刑事部判決
平成29年第190号逮捕監禁,強盗強姦,強盗殺人被告事件
主文
本件控訴を棄却する。
当審における未決勾留日数中130日を原判決の刑に算入する。
理由
1本件控訴の趣意は,弁護人吉原隆平作成の控訴趣意書記載のとおりで
あり,論旨は,被告人を無期懲役に処した原判決の量刑は重過ぎて不当であ
るというのである。
2本件は,被告人が,友人である共犯者のAとその交際相手である少女
Bと共謀して,Bの友人である被害者を逮捕監禁し,金品を強取して強姦し
た上,殺害しようと企て,被害者を車に乗せ,その両手足を結束バンドで縛
り,暴行を加えるなどして反抗を抑圧し,財布やショルダーバッグを奪った
上,抵抗できないままの被害者を強姦し,さらに,被害者を土中に埋没させ
て殺害し,この間に走行中の車両から被害者を脱出不能にするなどしたとい
う逮捕監禁,強盗強姦,強盗殺人の事案である。
原判決は,おおむね以下のとおり説示して,被告人の量刑を定めた。
まず,被告人らが,被害者を車に連れ込み,両手首及び両足首を縛るとと
もにガムテープ等で口を塞ぐなどして,反抗を抑圧されている被害者から金
品を強取した上,強姦し,助けを求める被害者の声を無視して生き埋めにし
て殺害しており,犯行が残虐というほかなく,被害者の身体を拘束する道具
をあらかじめ購入し,被害者を埋める穴を掘るなどの準備を重ねた計画的犯
行である。被害者の命を奪った結果は重大で,強姦された上,生きながらに
土中に埋められた被害者の恐怖や苦しみ,絶望や屈辱は筆舌に尽くし難く,
その無念さは計り知れない。本件のきっかけが,被害者が友人から借りた洋
服等を返さなかったことなどにBが立腹して被害者といさかいとなったこと
にあるものの,被害者には本件のような被害を受けなければならない理由は
全くない。そして,被告人が犯行に加わった動機,経緯は,Aの誘いや指示
を断ると面倒なことになるなどといった安易な理由で,身勝手である上,被
告人は,自ら結束バンドで被害者を縛るなどして姦淫し,被害者に土砂をか
ぶせて殺害するという犯行の主要部分を実行して,不可欠な役割を果たして
いる。遺族らの処罰感情が峻烈を極めているのは当然である。
他方,被告人がAに対して従属的かつ迎合的で,日常的に利用される関係
にあったという被告人とAとの関係性,被告人には軽度精神遅滞という障害
があり,状況を判断し理解する能力や対人関係能力が低く,短絡的な行動に
出やすい傾向がある上,この障害によって,幼少期から十分な養育を受けて
いないことなどによる規範意識や社会的感情の未熟さ,他者に同調的な性格
に加え,Aとの関係性が一層助長されて,これらを背景とする犯行も助長さ
れた可能性があることも考慮すべきであるが,被告人がAとの関係性に支配
されて犯行に関与したわけではなく,相当程度ではあるものの能動的に関与
したといえること,本件犯行は,集団心理によって被害者への怒りに歯止め
が効かなくなり,犯行がエスカレートしたという要素が大きいことから,被
告人の障害や生育歴が犯行に与えた影響は,犯行を助長した可能性があると
いう程度の限定的なものにとどまり,被告人の非難の程度を大きく軽減する
事情とはいえない。
そして,指摘した事情によれば,本件犯行全体の残虐さや結果の重大性に
加え,犯行に加担した被告人の動機が身勝手で,その点における障害等の影
響は限定的であること,被告人が犯行の計画に関与せず,金品を強取してい
ないとはいえ,その他には相当程度能動的に関与し,犯行の主要部分を自ら
実行したことから,犯情は極めて悪質であるとし,被告人が若年で前科もな
く,警察に自ら出頭して本件に関する事実を申告し,事案の解明が図られた
ことなどを考慮しても,被告人の刑事責任は重大で,強盗殺人罪という類型
の中で軽い部類に属するとはいえず,酌量減軽をして被告人を有期懲役に処
するのが相当な事案でない。一方,強盗殺人の量刑傾向からは,死刑をもっ
て臨むことがやむを得ないとまではいえないとし,被告人には無期懲役が相
当とした。
原判決の上記量刑判断は,量刑事情の認定及びその評価のいずれにあって
も適切で,それを前提として強盗殺人罪の量刑傾向から導いた選択刑も相当
であり,当裁判所としてもこれを是認できる。
3これに対し,所論は,被告人が本件犯行に関与したのは,Aに求め
られるままに相当期間にわたって自らの給与全額を渡し続け,一方的に暴力
を振るわれることやAからは逃げられないと聞かされていたことなどから,
被告人がAに支配され,Aからの危害を恐れてやむを得ずしたものであっ
て,能動的なものではない,被告人が本件犯行に及んだ背景には,被告人
の思慮浅薄で迎合的な性格があるところ,その性格は,被告人の軽度精神遅
滞や幼少期に両親による十分な養育を受けられなかったことなど被告人には
帰責できない事情によるものであるから,同情の余地がある,被告人が,
自ら警察に出頭し,素直に事実を申告して,本件の全容を解明するのに協力
していることは,被告人の責任を大きく軽減すべき事情である,被告人
は,原審において被害者遺族の意見陳述を聞き,現在,謝罪と反省,後悔の
時間を過ごしている,などのことから,原判決の量刑は重きに失し不当であ
るというのである。
4まず,について検討すると,原審の証拠によれば,被告人は,被害
者と本件犯行までに面識がなく,Bと被害者とのトラブル等には全く関わり
がなかったにもかかわらず,Aから本件犯行について聞かされ,犯行に加担
するよう誘われ,その内容を理解しながらAやBと行動を共にした挙げ句,
断わると,わざわざ来たのに何でやらないのかなどとAに言われるのが嫌で
被害者を強姦し,被害者を半分埋めるように言われた際も,ここまできたら
断れないと思った旨の供述をしており,この供述内容は,犯行に至った経緯
や被告人の行動に照らして自然かつ合理的で信用できる。そうすると,原判
決が,被告人の個人的動機をAの誘いや指示を断ると面倒なことになるなど
といった安易な理由で犯行に加わったと説示しているのは適切である。ま
た,被告人の犯行への関与の姿勢についても,原判決が指摘する事情に加
え,被告人は,被害者を強姦する際,Aと二人で被害者を車から降ろして運
んだ後には,自ら一人で犯行現場まで被害者を引きずって行き,犯行に及ん
でいること,むしゃくしゃした気持ちもあった旨も述べていることなどに照
らせば,原判決が,被告人が相当程度ではあるものの能動的に関与したとい
えると評価したことも適切である。所論は採用できない。
また,についてみると,原審において被告人の精神鑑定を行った精神科
医によれば,被告人が犯行に至った個人的な要因には,幼い頃からの養育
が不十分で,規範意識,社会的意味の理解が浅く,短絡的になりやすい傾
向,同調的な性格であるといった被告人の資質,同調的な性格から,主張
の強いAから言われたことは断れないという犯行当時におけるAとの関係
性,被告人自身に性欲の充足や仕事上のストレスの発散といった動機があ
り,これらが被告人の軽度の精神遅滞により助長されたと考えられるが,本
件犯行の大きな要因は,集団心理によって被害者への怒りに歯止めが効かな
くなって行動がエスカレートしたという点にあり,これは共犯者ら皆に共通
するものであって,被告人の障害や生育歴によるものではないという。この
鑑定は,精神科医として長年の経験を有する専門家の意見であり,不合理な
点はなく,首肯できる。原判決も,この意見を前提にして,所論が指摘する
被告人の障害や生育歴が犯行に与えた影響を量刑判断の事情として取り上げ
た上で,その影響は限定的なものにとどまると適切に評価している。
についても,原判決が考慮していることは判文上から明らかであるが,
この事情は,考慮するにしても一般情状として限度のある事情であり,被告
人の出頭時期や関係者の供述状況等に鑑みても,本件における被告人の責任
を大きく軽減する事情とまではいえない。
そして,原判決が適切に説示するとおり,本件が逮捕監禁,強盗強姦を伴
う強盗殺人であり,その態様が極めて残虐で,結果も重大であること,しか
も,その主要部分を被告人が相応に能動的に遂行したのであるから,被告人
の障害等が犯行に与えた影響の程度等を考慮しても,なお犯情は悪質であ
り,強盗殺人罪の量刑傾向を踏まえて,本件がその中で軽い部類に属するも
のではないと判断したのは相当である。の事情を踏まえても,原判決の
量刑を変更しなければならない理由はない。
論旨は理由がない。
5よって,刑訴法396条により本件控訴を棄却することとし,当審に
おける未決勾留日数の算入につき刑法21条を,当審における訴訟費用を被
告人に負担させないことにつき刑訴法181条1項ただし書をそれぞれ適用
して,主文のとおり判決する。
平成29年6月8日
東京高等裁判所第6刑事部
裁判長裁判官 大熊一之
裁判官 野口佳子
裁判官 景山太郎

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます