報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

東京高裁、ヤフーにウソの検索結果削除命令 ヤフー「承服できず、引き続き争っていく」

 インターネット検索大手「ヤフー」(東京)に対し、東京都内の男性が、検索サイトに表示される自分の名前の検索結果を削除するよう求めた仮処分申請で、東京高裁(斉木敏文裁判長)がヤフーによる名誉毀損(きそん)の成立を認め、削除を命じていたことがわかった。
 検索結果の内容が明らかに虚偽の場合は検索事業者に責任が生じるとの判断基準を示しており、同種の紛争に影響を与える可能性がある。
 最高裁は昨年1月、検索サイトで表示される逮捕歴の削除を巡り、プライバシー保護の観点から初判断を示したが、誹謗(ひぼう)、中傷などの名誉毀損の観点から、どのような検索結果を削除すべきなのかという問題には言及していなかった。
 男性側は、自分の名前をヤフーで検索すると、検索結果として男性が反社会的集団に所属しているとする記述や「(男性から)恐喝を受けています」などとする虚偽の書き込みが表示され、名誉が傷つけられたなどと主張。東京地裁は2015年12月と16年8月、「権利侵害は明白」としてヤフーに検索結果11件の削除を命じる仮処分決定などを出し、ヤフーが東京高裁に抗告していた。
 これに対し、高裁も昨年10月30日付の決定で、検索結果の内容が男性の社会的評価を低下させると認定。さらに、「検索内容に関知していない事業者が、検索結果が真実かどうかなどを立証するのは困難だ」と指摘しながらも、検索結果に公共性や公益性がないことや、検索結果が真実でないことが明らかな場合には、事業者が名誉毀損を理由に検索結果を削除すべきだとする判断を示した。
 その上で、男性について「反社会的集団と関わりはなく、検索結果が真実でないことは明らかだ」として11件の削除を認めた。
 決定は確定し、11件はすでに表示されなくなっている。ただ、ヤフーは決定を受け、この問題を正式な裁判で争うことを地裁に申し立て、男性が先月、改めて11件の削除を求める正式な裁判を東京地裁に起こした。
 男性側代理人を務めた神田知宏弁護士は「検索結果に対する削除請求が広く認められるようになる可能性がある」と今回の決定を評価。一方、ヤフーは「承服できず、引き続き争っていく」とコメントした。
(2018年01月19日 読売新聞)

自分の名前、検索すると偽の書き込み ヤフーに削除命令

 インターネットで自分の名前を検索すると虚偽の書き込みがあり名誉を傷つけられたとして、東京都内の男性が検索大手ヤフーに検索結果の削除を求めた仮処分の申し立てに対し、東京高裁(斉木敏文裁判長)が名誉毀損(めいよきそん)を認め、削除を命じる決定をしていたことが19日分かった。
 決定は昨年10月30日付。ヤフー側は地裁に正式裁判を申し立てたため、男性が昨年12月に東京地裁に提訴。近く、第1回口頭弁論が開かれる見通しだ。
 関係者によると、男性は自分の名前を検索すると、暴力行為を連想させる集団との関係が表示されるとして、ヤフーなどに記事やタイトルの削除を求めて仮処分を申し立て、東京地裁が2015年12月と16年8月に11件の検索結果の削除を命令。ヤフー側は東京高裁に抗告していた。
 検索結果の削除を巡っては最高裁が昨年、「プライバシーを公開されない利益が、検索サイトの表現の自由と比べて明らかに優越する時に削除が認められる」とする初の基準を示した。高裁は最高裁の判断を踏まえ、名誉が傷つけられたケースについても、検索結果が虚偽であることや公共性、公益性が無いことが明らかなら削除すべきだと指摘。11件の削除を命じた。
 男性の代理人弁護士の神田知宏弁護士は「検索結果の削除を求める訴えが幅広く認められる可能性もある」と話す。一方のヤフーは「決定が表現の自由の重要性に一定の配慮をしている点は評価するが、削除を認めた結論は承服できない。引き続き争っていく」とコメントした。(後藤遼太)
(1/19(金) 11:50 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます