報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

同級生嘱託殺人、交際少年を逆送 「短絡的で独りよがりな犯行」と東京家裁

 東京都台東区で5月、都立高校3年の佐藤麻衣さん=当時(17)=が殺害された事件で、東京家裁(福士利博裁判長)は16日、嘱託殺人と現住建造物等放火などの疑いで送致されていた交際相手で同級生の少年(18)を検察官送致(逆送)とする決定をした。起訴されれば裁判員裁判で審理される見通し。
 決定によると、少年は5月3日夜、佐藤さんの自宅マンションで、佐藤さんの依頼を受けて首を絞めて殺害。翌4日朝に布団などに火を付け、遺体の一部と部屋を焼損させるなどした。
 福士裁判長は「短絡的で独りよがりな犯行。嘱託があったとはいえ被害者の尊い命を奪い、遺体を焼損して遺族らの追慕の情を踏みにじった」とし、逆送が相当と判断した。
 少年は殺人容疑などで逮捕されたが、東京地検は佐藤さんに依頼されて殺害したと認定。嘱託殺人などの疑いで家裁送致していた。
(11/16(木) 18:58 産経新聞)

交際相手の嘱託殺人 少年を検察庁に送り返す 東京家裁

 ことし5月、東京・台東区で、交際していた女子高校生に頼まれて殺害したとして家庭裁判所に送られた同級生の少年について、東京家庭裁判所は、「責任は非常に大きく、刑事処分以外の措置は妥当ではない」として検察庁に送り返す決定をしました。
 ことし5月、東京・台東区のマンションで、高校3年の佐藤麻衣さん(17)が殺害され、部屋に火がつけられた事件では、交際していた同級生の少年(18)が逮捕され、その後、本人に頼まれて殺害したとして、家庭裁判所に送られました。
 16日、東京家庭裁判所で開かれた審判で、福士利博裁判長は「頼まれたとはいえ、17歳の尊い生命を奪い、遺体を焼損させた責任は非常に大きく、刑事処分以外の措置は妥当ではない」として、少年を東京地方検察庁に送り返す決定をしました。
 16日の決定を受けて、検察庁は、嘱託殺人などの罪で起訴するものとみられます。
(11月16日 20時13分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます