報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

夫殺人未遂で妻無罪 津地裁、覚醒剤使用は懲役2年10月 三重

 大紀町の自宅で夫=当時(58)=の首などを刺して殺害しようとしたなどとして、殺人未遂と覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた無職女被告(57)=同町=の裁判員裁判で、津地裁の四宮知彦裁判長は26日、覚醒剤取締法違反の罪で懲役2年10月の判決を言い渡した。殺人未遂の罪については無罪を言い渡した。求刑は懲役7年だった。
 殺人未遂を巡っては、弁護側は覚醒剤使用の影響で「幻聴の圧倒的な影響で犯行に及び、心身喪失状態だった」として無罪を主張。検察側は「正常な精神作用に基づく判断で罪を犯したといえる部分があり、心神耗弱状態だった」と主張していた。
(2021/3/27 11:00 (JST) 伊勢新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます