報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

4人死亡事故、危険運転致死傷罪認めず 過失運転で元会社社長に懲役7年 津地裁

 津市の国道で2018年12月、乗用車を運転中にタクシーと衝突して4人を死亡させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた元会社社長、末広雅洋被告(58)の裁判員裁判で、津地裁は16日、危険運転致死傷罪の成立を否定し、予備的に問われた同法の過失運転致死傷罪で懲役7年(求刑・懲役15年)を言い渡した。
 起訴状などによると、末広被告は18年12月29日午後9時55分ごろ、津市の国道23号で、法定速度を86キロ超える時速146キロで乗用車を運転し、道路を横切ろうとしていたタクシーに衝突。タクシーの男性運転手と乗客3人を死亡させたとしている。
 裁判では、末広被告の運転が「進行を制御することが困難な高速度」だったかや、危険な運転をしているという認識があったかなどが争点となり、危険運転致死傷罪が成立するかが注目されていた。【朝比奈由佳】
(2020年6月16日 19時20分(最終更新 6月16日 19時51分) 毎日新聞)

4人死亡事故で懲役7年、津地裁 危険運転致死傷罪を認めず

 津市の国道で、乗用車を猛スピードで運転してタクシーに衝突、運転手と乗客の計4人を死亡させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた元会社社長末広雅洋被告(58)の裁判員裁判で、津地裁は16日、危険運転致死傷罪の成立を認めず、同法違反の過失運転致死傷罪を適用して懲役7年の判決を言い渡した。求刑は懲役15年だった。
 柴田誠裁判長は判決理由で、危険運転致死傷罪の成立には被告にその認識があったことが必要と指摘。被告が「事故を起こす具体的な可能性を頭に思い浮かべていたというには合理的な疑いが残る」と述べ、認識があったとは言えないとした。
(2020年6月16日 19:12 千葉日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます