報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

連続強姦の男に無期懲役 津地裁「件数突出し悪質」

 三重県内で計15人の女性に暴行したとして、強姦致傷や強姦などの罪に問われた元ホンダ鈴鹿製作所社員、原田義人被告(46)の裁判員裁判で、津地裁は13日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。津地検によると、強姦致傷罪の裁判員裁判で無期懲役判決は初。
 判決理由で田中伸一裁判長は「事件数が類を見ず突出している上、各事件の犯情も特に悪質」と指摘。「同種事案の裁判員裁判で言い渡された中で最も重い懲役30年となった事案と比べても、一段と重い位置付けをするほかない」と述べた。
 弁護側は「被告は会社を懲戒解雇されるなど社会的制裁を受けている」と懲役12年が妥当と主張したが、田中裁判長は「被告が甘受すべきものであって量刑を左右するものとは言えない」と退けた。
 判決などによると、原田被告は2010年1月〜17年6月、三重県鈴鹿市や四日市市で、被害者宅に侵入するなどして、当時17〜42歳の女性15人に刃物を突き付けて脅し、暴行した。うち3人には、手などに約1週間のけがを負わせた。〔共同〕
(2018/11/13 19:15 日経新聞)

「強姦事件数、類を見ず突出」 被告に無期懲役判決

 三重県鈴鹿市などで女性宅に侵入するなどして性的暴行を繰り返したとして、強姦(ごうかん)致傷などの罪に問われた元ホンダ社員原田義人被告(46)の裁判員裁判が13日、津地裁であった。田中伸一裁判長は求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 判決によると、原田被告は2010年1月〜17年6月、鈴鹿市や同県四日市市で深夜に住宅に侵入するなどし、当時17〜42歳の女性に刃物を突きつけて「騒いだら殺す」などと脅し、性的な暴行をした。罪に問われた強姦事件は致傷3件、未遂2件を含め、計15件にのぼった。
 判決は「強姦事件数が類を見ず突出しているうえ、犯行も特に悪質」と指摘。「これまでの裁判員裁判で最も重い部類の刑となった事案に比べても、一段と重い位置づけをするほかない」とし、有期刑を求めた弁護側の主張を退けた。
 検察側によると、これまでの裁判員裁判で強姦致傷事件で最も重い刑は、有期刑の上限である懲役30年だった。
(2018年11月13日19時59分 朝日新聞)

津地裁 強姦致傷などの被告に初の無期判決 被害15人

 三重県鈴鹿、四日市両市で15人の女性に性的暴行をしたとして、強姦(ごうかん)致傷、強姦、強姦未遂罪などに問われた元ホンダ鈴鹿製作所社員、原田義人被告(46)の裁判員裁判で、津地裁(田中伸一裁判長)は13日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。「被害者らの人格を著しく踏みにじり、極めて悪質」と批判した。
 判決によると、強姦致傷罪の裁判員裁判で無期懲役判決は初めてとみられる。
 判決は、同種事案の中で群を抜いて多い事件件数と指摘し、「これまでの裁判員裁判で最も重い刑だった懲役30年の事例と比較しても、一段と重い位置付けをするほかない」と判断した。
 判決によると、原田被告は2010年1月〜17年6月、両市内で掃き出し窓や玄関から住宅に侵入し、刃物を突きつけ「騒ぐな」などと脅して、当時17〜42歳の女性15人に性的暴行を加えた。うち3人はけがをした。【森田采花】
(2018年11月13日 23時18分(最終更新 11月13日 23時18分) 毎日新聞)

連続強姦致傷で無期懲役 元ホンダ社員の男 裁判員裁判で初 津地裁 三重

 三重県の鈴鹿市や四日市市内で一人暮らしの女性などを狙って15件の性的暴行を重ねたとして、強姦(ごうかん)致傷や住居侵入などの罪に問われた住所不定、元ホンダ社員原田義人被告(46)の裁判員裁判で、津地裁(田中伸一裁判長)は13日、「事件数は突出していて悪質。同種事案と比べても一段と重い位置付けをするほかない」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。強姦致傷事件での無期懲役判決は、裁判員裁判制度開始以降としては全国で初めて。
 田中裁判長は判決理由で、「15件という数はそれ自体非常に多く、これまで裁判員裁判で審理された同種事案と比べても群を抜いて多い」と指摘。各犯行についても「事前に刃物や顔を隠す道具を準備し、一人暮らしの女性宅を捜すなど計画性が高い。暴行や脅迫の態様も、刃物を突きつけて腹部を殴るなど抵抗を抑圧し、自身の性癖を満足させるために執拗(しつよう)な行為に及んだもので陵辱の程度は甚だしい。被害者の人格を著しく踏みにじった極めて悪質な部類」と結論付けた。
 その上で、「強姦致傷3件の傷害結果は重大とは言えないが偶然生じたとは言えず、他の事件でも同様の結果が生じる可能性は十分あった。何の落ち度もない被害者の日常生活を苦難の多いものに一変させた」とし、「事件数は突出していて犯情も特に悪質。同種事案でも最上位に位置付けざるを得ない」と述べた。
 判決によると、原田被告は平成22年1月―29年6月までの間、鈴鹿市や四日市市内の一人暮らしの女性方に侵入するなどし、当時17―42歳の女性15人に刃物を突きつけ脅迫。性的暴行を加え、うち3人にけがを負わせた。
(11/14(水) 11:00 伊勢新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます