報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

軽井沢町の別荘地管理組合の金を横領した女に懲役3年6か月の判決

 軽井沢町の別荘地管理組合の金を横領した女に懲役3年6か月の判決
 軽井沢町の別荘地管理組合の金およそ2億7500万円を着服したとして業務上横領の罪に問われた女に、長野地方裁判所は懲役3年6か月の実刑判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは東京都新宿区の会社役員・川口由美子被告50歳です。
 川口被告は軽井沢町の別荘地管理組合の資産を管理する会社の役員を務めていた2010年3月から4月にかけて、組合名義の定期預金を無断で解約するなどしておよそ2億7500万円を着服した罪に問われていました。
 きょうの公判で長野地方裁判所の室橋雅仁裁判長は「被害の金額は多額で、別荘地所有者の信頼や利益を大きく損ない、発覚を防ぐ工作もして巧妙な犯行」などと指摘して、懲役5年の求刑に対して懲役3年6か月の実刑判決を言い渡しました。
 判決を受けて弁護側は「示談が成立し、起訴された金額は弁償しているにもかかわらず刑が重すぎる」として即日控訴しました。
(8/23(水) 20:12 信越放送)

軽井沢の別荘地組合横領 被告に実刑判決 地裁 /長野

 軽井沢町の別荘地の管理組合の預金を解約するなどして計約2億7500万円を横領したとして業務上横領の罪に問われた東京都新宿区、会社役員、川口由美子被告(50)に対し、長野地裁(室橋雅仁裁判長)は23日、懲役3年6月(求刑・懲役5年)の実刑判決を言い渡した。
(2017年8月24日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます