報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

“風俗店”を“飲食店”と偽り… 持続化給付金200万円を詐取 経営者の男に有罪判決

 27日、新型コロナウイルス対策で中小企業などに支給する国の持続化給付金200万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われている男に有罪判決が言い渡されました。
 上田市の佐藤祐樹被告(40)は、去年5月から6月にかけ、自らが経営する風俗店が持続化給付金の対象ではないにも関わらず、飲食店と偽り、給付金200万円をだまし取った詐欺などの罪に問われていました。
 27日の裁判で長野地方裁判所上田支部の坂本達也裁判官は「経済的支援を行うための迅速な手続きであることに付け込んでの犯行は悪質」などととして、懲役2年・執行猶予3年・罰金100万円の判決を言い渡しました。
(2021年9月27日 月曜 午後8:00 長野放送)

新型コロナの給付金詐欺・被告の男に執行猶予付きの有罪判決 長野

 上田市の禁止されているエリアで性風俗店を営業した上、新型コロナ対策の給付金を不正に受給した罪に問われている男に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。
 上田市で性風俗店を営業していた元会社役員・佐藤祐樹被告40歳は、今年5月から6月にかけ飲食店を装って新型コロナ対策である持続化給付金を申請し、国から現金200万円をだまし取った罪などに問われていました。
 地裁上田支部で開かれたきょうの判決公判で、坂本達也裁判官は「迅速な手続きに付け込んだ悪質な犯行」とした一方、佐藤被告が給付金を全額返金する見込みであることなどから、懲役2年・執行猶予3年と罰金100万円の判決を言い渡しました。
 佐藤被告の弁護士は控訴しないとしています。
(9/27(月) 19:31 信越放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます