報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

特殊詐欺「受け子」に無罪 地裁伊那支部判決

 特殊詐欺グループで金を受け取る「受け子」を務め、上伊那郡中川村の70代女性から現金をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の罪に問われた住所不定無職の被告男性(26)の判決公判が12日、地裁伊那支部で開かれ、酒井智之裁判官は「詐欺について故意が認められない」とし無罪(求刑懲役3年)を言い渡した。
 判決によると今年1月、女性に、おいをかたる人物から「100万円だけでも借りられる?」などと電話があった。通報を受けた駒ケ根署などは「だまされたふり」作戦を実行。女性宅横の空き地に現れた男性を現行犯逮捕した。
 男性に仕事を紹介したグループのメンバーは「書類を取りに行ってほしい」と頼み、被害女性には「金を取りに行く人は中身が金と知らない。中身が書類の体で渡してほしい」などと電話していた。
 酒井裁判官は、男性が受け取りの際、書類を要求したことなどを踏まえ「現金を受け取ると認識しておらず、犯罪に加担した認識をしていたとまでは言えない」とした。
 被告側の元島亮典弁護士(飯田市)は取材に、「裁判官には正しい判断をしていただいた」と述べた。
 甲南大法科大学院の渡辺修教授(刑事訴訟法)は、県外から出向いて高齢者から書類を受け取る仕事は通常考えにくいと指摘。被告は受け取った後に逃げていることなどから「だましているという認識があったことは明らかで不自然な事実認定だ」とした。
 判決について県警捜査2課は「コメントすることはない」。長野地検は「判決を検討し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」とした。
(10月13日 信濃毎日新聞)

詐欺未遂罪「受け子」男性に無罪

 ことし1月、特殊詐欺のグループから指示を受け、いわゆる「受け子」として中川村の70代の女性から現金をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の罪に問われた男性に対し、長野地方裁判所伊那支部は「犯罪に加担しているという認識があったとまでは推認できない」として無罪を言い渡しました。
 住所不定・無職の26歳の男性は、ことし1月、特殊詐欺のグループから指示を受け、いわゆる「受け子」として中川村の70代の女性から現金100万円をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の罪に問われました。
 検察は懲役3年を求刑したのに対し、弁護側は「男性が指示を受けた人物は検察が主張する特殊詐欺のグループには属しておらず、詐欺について共謀していない」として無罪を主張していました。
 判決で長野地方裁判所伊那支部の酒井智之裁判官は「男性が指示を受けた人物と検察が主張する特殊詐欺グループのメンバーが直接連絡を取った記録がなく、グループと共謀して犯行に及んだとは認められない」と指摘しました。
 そのうえで「指示を受けて女性に書類を要求したが現金は要求しておらず、犯罪に加担しているという認識があったとまでは推認できない」として無罪を言い渡しました。
 判決について長野地方検察庁の干川亜紀次席検事は「判決を検討し、上級庁とも協議した上で適切に対応したい」とコメントしています。
(10/13 13:47 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます