報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

佐世保強盗殺人で無期懲役 長崎地裁、32歳男

 長崎県佐世保市で2017年11月、元会社役員の朝重隆次さん(当時66)を殺害し金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた佐竹秀樹被告(32)の裁判員裁判で、長崎地裁(小松本卓裁判長)は15日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 弁護側は、犯行時に心神耗弱状態だった可能性を主張したが、小松本裁判長は鑑定医の意見を基に、刑事責任能力に問題はないと判断。「反抗できない状態で逃げ出した被害者を追いかけ暴行するなど、殺害への強い意思が認められる」と指摘した。
 判決によると、17年11月10日午後7時半ごろ、佐世保市白岳町の朝重さんの事務所敷地内で、借金15万円の返済を免れようと、包丁で背中と首を刺すなどして殺害し、約150万円を奪った。〔共同〕
(2019/3/15 17:37 日経新聞)

佐世保の強盗殺人 被告に無期懲役 地裁判決 /長崎

 佐世保市で2017年11月、元会社経営者の男性を殺害し、現金を奪ったとして強盗殺人などの罪に問われた同市小佐々町黒石、無職、佐竹秀樹被告(32)の裁判員裁判で、長崎地裁(小松本卓裁判長)は15日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 弁護側は、佐竹被告が犯行時に心神耗弱だった可能性を指摘したが、判決では精神鑑定の結果を基に刑事責任能力に問題はないと判断。小松本裁判長は「反抗できない状態で逃げた被害者を追いかけて暴行するなど、確実に殺害しなければならないという非常に強い意思があった」などと指摘した。
 判決によると、佐竹被告は17年11月10日午後7時半ごろ、同市の自動車解体会社事務所や敷地内で、朝重隆次さん(当時66歳)の背中などを出刃包丁(刃渡り約15センチ)で刺したり、殴るなどの暴行を加えたりして死亡させ、現金約150万円を奪った。【松村真友】
(2019年3月16日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます