報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

対馬の父娘殺人放火事件、被告に無期懲役判決 長崎地裁

 長崎県対馬市で2016年12月、父娘が殺害され住宅が放火された事件で、殺人と放火の罪に問われた同市の元鉄工所経営、須川泰伸(ひろのぶ)被告(39)の裁判員裁判の判決が27日、長崎地裁であった。小松本卓裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。
 起訴状などによると、被告は16年12月6〜7日、同市の漁業、古川敬氏さん(当時65)の頭部を鈍器で殴り殺害。敬氏さん宅で次女の聖子さん(同32)を同様に殺害したとされる。また、敬氏さん宅にガソリンや灯油をまいて火をつけ、全焼させたとされる。
 公判では、凶器や犯行の目撃者など犯行を直接立証できる証拠がない中で、検察側は間接証拠を積み重ねて被告の犯人性を主張。被告側は一貫して事件への関与を否定し、無罪を訴えてきた。
 検察側は今月12日の論告で、敬氏さんから請け負った漁船のエンジン交換作業が進んでおらず、発覚するとトラブルになるという動機が被告にはあったと指摘した。火災現場にあったガソリン携行缶に被告の掌紋が残っていたことや、被告宅で押収されたサンダルの足跡痕や被告のDNAが聖子さんの車から検出されたことなどから、「被告が犯人であることは間違いない」と主張。「犯行態様は極めて悪質で結果も重大」として死刑を求刑した。
 一方、弁護側は最終弁論で「検察官が立証しようとする間接事実は被告の犯人性の証明力に乏しい」「間接事実をいくら積み上げても犯人性の立証には足らない」などと主張。被告は「私は2人を殺害して火を放つようなことは絶対にやっていません。信じていただきたい」と述べ、改めて無罪を主張していた。
(2018年3月27日16時23分 朝日新聞)

父親と娘を殺害し放火、無職の男に無期懲役判決

 長崎県対馬市で2016年12月、漁業古川敬氏けいしさん(当時65歳)、次女の診療所職員聖子さん(同32歳)を殺害し、家に放火したとして、殺人と現住建造物等放火罪に問われた無職須川泰伸ひろのぶ被告(39)の裁判員裁判で、長崎地裁は27日、無期懲役(求刑・死刑)の判決を言い渡した。
 小松本卓裁判長は「執拗しつよう、残虐な犯行で、刑事責任は極めて重いが、計画性までは認めることができない」と述べた。弁護側は即日控訴した。
 判決によると、須川被告は16年12月6日から7日までの間、敬氏さん、聖子さんの頭部を鈍器で複数回殴打。2人を殺害し、敬氏さん宅にガソリンなどをまいて火を付け、全焼させた。
 事件では凶器や目撃証言などの直接証拠はなく、被告は一貫して無罪を主張していた。
 判決は、〈1〉火災現場のガソリン携行缶から被告の掌紋が見つかった〈2〉暴行された敬氏さんを乗せたと認められる聖子さんの軽乗用車には敬氏さんの血痕が付着し、ブレーキペダルには被告のサンダルの足跡が残っていた――ことなどから、「被告が犯人と強く推認される」とした。
 さらに、敬氏さんの血痕が付いた軍手が被告の鉄工所から見つかったことや、被告のパソコンに「焼死」という語句を検索して調べた形跡があることも指摘。これらの事実関係について、「被告以外の者が犯人であったならば合理的に説明することができない」とし、被告の犯行と断定した。
 動機については、敬氏さんが依頼したエンジンの修理を巡るトラブルと認定した。しかし、怒気にまかせて敬氏さんを殴打したり、聖子さんを突発的に殺害したりした可能性も否定できないとした。その上で、同種事件の量刑と比較。「被害者は2人だが計画性が認められず、死刑を選択することがやむを得ないとはいい難い」と述べた。
(2018年03月27日 20時46分 読売新聞)

対馬の父娘放火殺人で無期懲役 無罪主張の男に長崎地裁

 長崎県対馬市で2016年12月、漁業古川敬氏さん=当時(65)=と次女聖子さん=同(32)=を殺害し、古川さん宅に放火したとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた元鉄工所経営、須川泰伸被告(39)の裁判員裁判で、長崎地裁(小松本卓裁判長)は27日、無期懲役の判決を言い渡した。検察側は死刑を求刑していた。
 須川被告は最終意見陳述で「絶対にやっていない。信じてほしい」と訴え、弁護側は第三者が犯人の可能性があると無罪を主張していた。
 起訴状などによると、16年12月、対馬市内で古川さんの頭を鈍器で複数回殴り殺害し、古川さん宅で聖子さんも殺害したとしている。
(2018年03月27日 16時22分 西日本新聞)

対馬の放火・殺人 遺族「信じられない」 無期懲役判決 被告は即日控訴 地裁 /長崎

 2016年12月、父娘の2人が犠牲になった対馬市の放火殺人事件。27日に長崎地裁であった裁判員裁判の判決は、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた同市の鉄工所経営、須川泰伸(ひろのぶ)被告(39)に対する無期懲役だった。犯行を裏付ける直接的な証拠がない中、異例の長期審理となった裁判は、一貫して無罪を訴えてきた被告と、極刑を求めていた被害者遺族ともに納得しない判決となった。【浅野孝仁、浅野翔太郎】
 須川被告は黒いスーツ姿で出廷。主文が後回しにされたが、小松本裁判長の判決文読み上げを落ち着いた様子で聞いていた。無期懲役が言い渡された後も、取り乱す様子はなく法廷を後にした。
 一連の公判で、検察側と弁護側の主張は真っ向から対立した。小松本卓裁判長は判決で、ガソリン携行缶から須川被告の掌紋が検出されたことなどから須川被告の犯行と認定した。弁護側の、第三者による犯行などの主張は全面的に退けたが、犠牲となった古川敬氏(けいし)さんが頭にけがを負った時期や、2人を殺害した動機に関する検察側の主張も退けた。
 判決を受け、須川被告は「検察官の主張するストーリーに無理がある」と即日控訴。被害者遺族も「無期懲役とは信じられない。検察官には控訴していただき、被告人には自らの言葉で真実を語ってほしい」とコメントした。長崎地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上適切に対応したい」とした。
 刑事裁判に詳しい新倉修・青山学院大名誉教授(刑法)は「裁判員の皆さんは長期間よく辛抱して付き合ったと思うが、被告がどのように鈍器を使って殺害したかなど、核心部分の証明がされておらず、荒っぽい印象を受ける判決だ」と指摘する。
 裁判員ら6人が 「心理的に負担」
 1月23日の初公判以来、判決を含めて22回と県内過去最長となった今回の裁判員裁判。判決後、裁判員2人、補充裁判員4人の計6人が記者会見した。死刑求刑だった今回の判決について、全員が「心理的な負担があった」と回答。長期審理について補充裁判員の女性は「会社に迷惑をかけているが、想像より負担を感じなかった」と話した。
(2018年3月28日 毎日新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます