報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

地・家裁 「適正・迅速な裁判を」 杉山所長が就任会見 /山口


就任会見に臨む杉山所長

 山口地方・家庭裁判所に5月24日付で着任した杉山愼治所長(61)が4日、就任会見に臨み「司法の独立の下、適正・迅速な裁判を行うための環境作りをしていきたい」と抱負を述べた。
 杉山所長は静岡県伊東市出身。一橋大学法学部を卒業後、1986年に大阪地裁判事補となり、東京高裁判事や高松高裁判事部総括などを歴任した。
 主に刑事事件を担当し、これまで裁判長として裁判員裁判を約50件担当した。会見では、裁判員候補者の辞退率の上昇に触れ、裁判員経験者の満足度は高いと強調して「今後、制度のPRに取り組む」と意気込んだ。コロナ禍での裁判所のあり方については「裁判は不要不急ではない。感染対策と司法機能の維持の両方に取り組む」と述べた。【森紗和子】
(2021/6/5 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます