報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

じん肺訴訟 補償金不支給、地裁取り消す /大分

 セメント工場で粉じん作業に従事してじん肺となり、療養中に亡くなった男性(当時85歳)の妻が、国を相手取り労災保険法に基づく遺族補償年金などを不支給とした佐伯労働基準監督署の処分取り消しを求めた訴訟で、大分地裁(佐藤重憲裁判長)はじん肺と死亡の因果関係を認めて不支給処分を取り消した。判決は8月29日付。
 国は、男性には大動脈弁閉鎖不全症や高血圧、不整脈などの疾患があり、じん肺で死亡したとは認められないと主張したが、佐藤裁判長は「じん肺が他の原因と比較して相対的に有力な原因となって死亡した」と認め、不支給処分を違法として取り消しを認めた。【尾形有菜】
(2019年9月1日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます