報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

再審開始取り消した大島裁判長 過去に横浜事件で免訴

 1966年に静岡県で一家4人が殺害された事件で、東京高裁は11日、死刑が確定した袴田巌さん(82)の再審開始を認めない決定をした。高裁で決定を出したのは大島隆明裁判長(63)。77年に司法試験に合格し、80年に弁護士登録した後、翌81年に岡山地裁で判事補になった。東京、横浜地裁で部総括判事を歴任したほか、金沢地裁所長などを務め、2013年8月から現職。来年7月に定年を迎える。
 横浜地裁に勤務していた時は、戦時下最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」の再審請求審を担当。08年10月には、治安維持法違反の罪に問われ、有罪が確定した雑誌「改造」の元編集部員の再審開始を認めた。再審でも裁判長を務め、09年3月には同法が戦後に廃止されたことなどを理由に、有罪か無罪かに踏み込まずに裁判手続きを打ち切る「免訴」を言い渡したが、10年2月には「治安維持法の廃止などがなければ、無罪判決を受けたことは明らか」として元被告5人に刑事補償を認めた。
 東京高裁では東京都庁に爆弾が入った小包を送ったとして、殺人未遂幇助(ほうじょ)などの罪に問われたオウム真理教元信徒の審理を担当。「教団が大規模なテロを計画していると知っていたとは言えない」として15年11月、一審・東京地裁の有罪判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。検察側は不服として上告したが、無罪判決は最高裁で確定した。(岡本玄)
(2018年6月11日14時49分 朝日新聞)

【袴田事件再審取り消し】横浜事件で再審開始決定 大島隆明裁判長

 大島隆明裁判長(63)は平成25年8月から東京高裁の裁判長を務めるベテラン刑事裁判官で、横浜地裁では、戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」の再審開始決定を出している。
 大島裁判長は20年10月、横浜事件の治安維持法違反罪で有罪となった男性の再審開始を決定。男性が大赦を受けていたため、再審公判では免訴を言い渡した。
 東京高裁では、殺人未遂幇助罪などに問われた元オウム真理教信者の女性や、天竜川川下り船転覆事故(23年)で業務上過失致死罪に問われた元船頭主任に逆転無罪を言い渡した。
(2018.6.11 21:59 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます