報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

新名神トンネルの5人死傷事故、追突トラック運転手に禁錮2年判決

 滋賀県甲賀市の新名神高速道路のトンネル内で5月、停車中の軽乗用車に大型トラックで追突し、男女5人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた兵庫県加古川市、運転手の男性被告(48)の判決公判が18日、大津地裁であった。齊藤隆広裁判官は求刑通り禁錮2年を言い渡した。
 判決によると、運転手の被告は5月30日午前5時半ごろ、甲賀市土山町女原で携帯電話の操作に気を取られたまま運転。燃料切れのため非常灯をつけ路肩と走行車線をまたいで停車中の軽乗用車に衝突し、草津市の大学生(18)と大阪府大阪狭山市の会社員(20)の男性2人を死亡させ、男女3人に重軽傷を負わせた。
 齊藤裁判官は「被害車両側にも相当の落ち度があるものの、携帯電話の操作に気を取られていなければ容易に避けることができた」と指摘した。
 一方、被害車両に乗っていて、住居侵入と窃盗の罪に問われた大阪市淀川区、会社員の男性被告(21)と住所不定、無職の男性被告(23)の初公判も18日、大津地裁(盒狭Ъ裁判官)で開かれ、2人は起訴内容を認めた。会社員の被告の審理は検察側が懲役2年6月を求刑、弁護側が執行猶予付きの判決を求め即日結審した。
 起訴状によると、2人は堺市西区、大学生の女性被告(22)=同罪で公判中=や事故で死亡した男性2人と共謀し、事故に遭う約1時間半前、名古屋市の女性(79)宅から現金3万円入りの金庫などを盗んだ、としている。事故後、車から金庫が見つかった。
(2021年11月18日 19:26 京都新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます