報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

感染拡大で解雇、自殺しようとマンションで放火…被告に懲役5年判決

 昨年8月に滋賀県長浜市内のマンションの一部を焼いた火災で、現住建造物等放火罪に問われた無職ナガタ・レナト被告(36)の裁判員裁判で、地裁(大西直樹裁判長)は10月29日、懲役5年(求刑・懲役6年)の判決を言い渡した。
 大西裁判長は「自殺のために居住者を危険にさらす選択は、短絡的かつ自己中心的というほかない」と指摘。一方で「新型コロナウイルス感染拡大の影響で勤務先を解雇され、自殺を決意するまでの経緯は同情の余地がある」と述べた。
 判決によると、ナガタ被告は昨年8月4日、自身が住むマンション敷地でプロパンガスの共用ボンベからガスを漏出させて火をつけ、壁などを焼損させた。
(11/2(火) 8:00 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます