報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

東尋坊から飛び降りさせた殺人事件で判決 少年2人に懲役の不定期刑 大津地裁

  福井県の東尋坊で昨年10月、滋賀県東近江市の嶋田友輝さん=当時(20)=の遺体が発見された事件で、殺人や監禁などの罪に問われた滋賀県彦根市のアルバイトと無職の少年=ともに(19)=の裁判員裁判の判決が26日、大津地裁であった。大西直樹裁判長は「心も体も殺した卑劣かつ残酷な態様」とし、アルバイト少年に求刑通り、不定期刑上限の懲役10年以上15年以下、無職少年に懲役5年以上10年以下(求刑懲役7年以上12年以下)を言い渡した。事件の7人の被告のうち、判決を受けたのは初めて。
 大西裁判長は判決理由で、2人は長浜市のとび職元少年(20)=当時(19)=らと、無抵抗の嶋田さんに暴力を重ね、生きることを諦めさせるほど心身面で追い詰めた、と指摘。暴行の発覚を恐れ、嶋田さんを崖から飛び降りさせた際も危険性を十分認識していたとし、「場当たり的だが強い殺意があった」と強調した。
 判決ではアルバイト少年について「暴行を主導しエスカレートさせた張本人で、実行部隊のリーダー格」とし、意思決定を担ったとび職元少年に次ぐ役割を果たした、と説明。無職少年は、一部の暴力はほう助犯にとどまるとしつつ、指示を受けずにライターを使って暴行したなどとし、「従属的立場だが責任は重い」とした。
 判決によると、2人はとび職元少年ら5人=殺人罪などで起訴=と共謀。昨年10月17〜18日、長浜市で嶋田さんの脚を車でひくなどして車のトランクに閉じ込めて東尋坊に向かい、18日夜、崖から飛び降りさせ死亡させるなどした。
(6/26(金) 15:39 京都新聞)

東尋坊殺人事件 少年2人に不定期刑 「残酷かつ残虐」 地裁判決 /滋賀

 福井県・東尋坊近くの海で2019年10月、東近江市の嶋田友輝さん(当時20歳)の遺体が見つかった事件で、殺人や監禁などの罪に問われた19歳の少年2人=いずれも彦根市=の裁判員裁判で、大津地裁(大西直樹裁判長)は26日、アルバイトの少年(19)に求刑通り懲役10年以上15年以下、無職の少年(19)に懲役5年以上10年以下(求刑・懲役7年以上12年以下)の不定期刑を言い渡した。
 両被告は起訴内容を認めており、暴行や殺害への関与の度合いが争点。弁護側は、主犯とされる長浜市のとび職の元少年(20)に対して、「両被告は従属的な立場で逆らえなかった」と主張していた。
 判決は、アルバイト少年について「逆らえなかったとは言えず、元少年に次ぐ重大かつ不可欠な役割を果たした」とした。無職少年について「従属的な立場だが、単なる傍観者ではなく、それなりに重い責任がある」として、直接関与していない一部の暴行などについても、ほう助にあたると判断した。
 両被告は嶋田さんと知り合って1週間足らずで、個人的な恨みのない嶋田さんへの暴行に加わった。喉の骨が折れるほど首を絞める▽車で脚をひく▽たばこを食べさせる――などの暴行を認定し、「人を人とも思わぬ残酷かつ残虐な暴行」とした。大西裁判長は「自分のしたことに向き合い、覚悟を持って努力を続ければ立ち直ることができる」と説諭した。両被告はじっと裁判長の言葉を聞いていた。
 判決によると、両被告は19年10月、17〜40歳の5被告=殺人罪などで起訴=と共謀し、嶋田さんに暴行を加えた上、自殺に見せかけて殺害しようと企て、車のトランクなどに監禁して東尋坊まで連行。高さ約20メートルの崖から飛び降りるよう命じて殺害した。【菅健吾、小西雄介】
(2020年6月27日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます