報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元看護師の女に懲役15年
滋賀・守山、母殺害遺棄

 滋賀県守山市で2018年、母親の桐生しのぶさん=当時(58)=を殺害し、切断した遺体を河川敷に捨てたとして殺人と死体遺棄などの罪に問われた長女の元看護師のぞみ被告(33)=同県草津市=の裁判員裁判で、大津地裁(大西直樹裁判長)は3日、懲役15年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。
 弁護側は、しのぶさんは自殺したと主張し、殺害を示す直接証拠もないなどとして無罪を主張した。だが判決理由で大西裁判長は、しのぶさんが事件前日に病院の診療予約をし、死亡直前までスマートフォンでゲームをするなど日常的な行動をとっており、自殺とすると矛盾があると指摘した。
(2020/3/3 18:35 (JST)3/3 18:47 (JST)updated 共同通信)

守山・母死体遺棄 長女に懲役15年判決 地裁、殺害を認定 /滋賀

 守山市で2018年3月、市内の無職、桐生しのぶさん(当時58歳)の切断された遺体が見つかった事件で、殺人と死体遺棄などの罪に問われた元看護師で長女、のぞみ被告(33)に対し、大津地裁の裁判員裁判は3日、懲役15年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。大西直樹裁判長は「被害者の尊厳を損ない、近隣住民に計り知れない恐怖と不安を与える残忍な犯行だ」と述べた。
 判決は、遺体の解剖所見や、しのぶさんの生前の行動から他殺と認定。「首を切って自殺した」という弁護側の主張は「現実的な可能性はない」と退けた。進路を巡り厳しく叱責され続けた抑圧的な親子関係や、事件前に刃物による殺害方法を複数回検索したインターネットの履歴などから「被告に殺意はあった」と指摘。しのぶさんが亡くなった際は被告と2人きりで「被告が殺害したと強く推認される」と判断した。
 また「被告が心神喪失の可能性がある」との弁護側の主張には、看護師として日常生活を送っていたことなどから「合理的な判断や善悪の判断ができていたのは明らか」として、責任能力を認めた。
 一方、のぞみ被告が「抑圧・束縛された生活の中、母の姿におびえながら相当追い詰められた」として、同情の余地があるとした。判決後、大西裁判長は「まずは自分の過ちに真摯(しんし)に向き合ってほしい。罪を償う中で、今度こそあなた自身の人生を、あなた自身の手で切り開いてください」と説諭した。
 判決によると、のぞみ被告は18年1月20日ごろ、しのぶさんを守山市の実家で何らかの方法で殺害。同3月10日にかけ、遺体をのこぎりなどで切断し、市内の河川敷に遺棄した。【菅健吾】
(2020年3月4日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます