報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

 友人らと共謀し他人の息子になりすまして現金をだまし取ったとして詐欺罪に問われた大阪市の男性(22)に対し、大津地裁は27日、無罪判決を言い渡した。大西直樹裁判官は「関与したと認める証拠はない。共犯者に供述を誘導するような取り調べが行われた」と理由を述べた。
 男性は2017年11月、友人ら数人で高齢者4人に息子を装って電話をかけ、現金計1700万円をだまし取ったとして滋賀県警に逮捕され、起訴された。
 大西裁判官は判決で、「共犯関係にあるとする友人らの供述には矛盾が多く、信用性に疑問が残る」と断定。更に「取り調べ段階で、友人の供述内容が具体的に共犯者に伝わっていた。調べが適切だったか検証する必要がある」と捜査手法に疑問を呈した。【諸隈美紗稀】
(2019年9月27日 21時59分(最終更新 9月27日 22時05分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます