報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

納骨堂改装訴訟 寺側の請求を棄却 地裁 /滋賀

 大津市京町2の乗念寺(浄土宗)が、近くに所有するビルを納骨堂に改装する計画を不許可とした市に、処分取り消しを求めた訴訟の判決で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は22日、請求を棄却した。寺側は控訴する方針。
 判決などによると、乗念寺は近くに所有する4階建てビルを納骨堂に改装しようと計画。2014年から市と協議を進めたが、寺が開いた近隣住民向け説明会で反対意見が噴出。住民らが集めた反対の署名などを元に、市は15年7月に不許可処分とし、寺側の異議も16年1月に却下した。
 西岡裁判長は「反対の署名を考慮すると、納骨堂の設置が市民の宗教的感情に適合しているとは認めがたい」と指摘。寺側の「付近には他の寺の墓地が複数存在し、納骨堂のみ『気持ち悪い』という住民の意見は宗教的感情とかけ離れている」という主張には「反対住民が多数存在する事実は、『気持ち悪い』という意見が一般市民の宗教的感情とかけ離れたものとは言えないことを示している」と結論付けた。
 山岡一信住職(50)は「ここで引き下がると『お骨は不浄』という意見を認めたことになりかねない」と、弁護士と相談して控訴する方針。一方、越直美市長は「住民の思いが判決に反映された」とのコメントを発表した。【小西雄介、諸隈美紗稀】
(2018年5月23日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます