報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

滋賀・多賀の名神5人死傷事故 ながら運転、求刑超す判決 「著しく危険」 大津地裁

 滋賀県多賀町の名神高速道路で昨年11月21日、スマートフォンを操作しながら大型トラックを運転し5人が死傷する追突事故を起こしたとして自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた新潟県見附市の元運転手、前田博行被告(50)の判決公判が19日、大津地裁であった。今井輝幸裁判官は禁錮2年の求刑を上回る禁錮2年8月の実刑を言い渡し、求刑について「従前の事例にとらわれており、過小評価だ」と述べた。
 判決によると、前田被告のトラックは渋滞で停止中か減速中だった愛知県一宮市の会社員、水谷勇二さん(当時44歳)の乗用車に追突。弾みで他3台の車も巻き込み、水谷さんを死亡させ、4人にけがをさせた。
 今井裁判官は、前田被告が運転中にスマホのアプリで目的地までの距離や到着時刻などを調べる操作をし、スマホを床に落として約10秒間脇見をしたと認定し、「危険性は著しく高い」と断じた。【森野俊】
(2018年3月19日 毎日新聞)

「ながらスマホ」で5人死傷、元運転手に実刑

 スマートフォンを操作しながらトラックを運転し、5人を死傷させる事故を起こしたとして自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた元トラック運転手前田博行被告(50)に対し、大津地裁は19日、求刑(禁錮2年)を上回る禁錮2年8月の実刑判決を言い渡した。
 今井輝幸裁判官は求刑について、「『ながらスマホ』の危険性を過小評価しており、軽きに失する」と指摘した。
 判決などによると、前田被告は昨年11月21日、滋賀県多賀町の名神高速道路でトラックを運転中、スマホを操作していて前方車両に気づくのが遅れ、計5台が絡む事故を引き起こし、会社員男性(当時44歳)を死亡させたほか、4人にけがを負わせた。
 今井裁判官は判決で、「ながらスマホは比較的新しい問題。求刑は従前の量刑にとらわれている」と述べた。男性の妻(46)は判決後、「裁判官が遺族の気持ちに寄り添ってくれた。すべての運転手が、ながらスマホの危険性を意識してほしい」と訴えた。
(2018年03月19日 12時22分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます