報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

無許可でサルやワシ飼育、民間動物園経営者に罰金刑

 滋賀県守山市の大型商業施設内にある民間動物園「めっちゃさわれる動物園」などで、人に危害を加える恐れのある特定動物のワシやサルを無許可で飼育していたとして、動物愛護法違反罪に問われた経営者の堀井嘉智(よしのり)被告(55)の判決公判が28日、大津地裁で開かれ、今井輝幸裁判官は求刑通り罰金30万円の判決を言い渡した。
 公判で弁護側は「無許可飼育での刑事処分は異例で、起訴は公訴権の乱用」と公訴棄却を求めていた。しかし、今井裁判官は判決理由で「過去に行政から指導や厳重注意を受けていながら連続的に犯行に及んでおり、悪質性が認められる」とし、主張を退けた。
 判決によると、堀井被告は平成27年8〜9月、県知事の許可を得ずに「めっちゃさわれる動物園」などで、特定動物であるオナガザル科のアビシニアコロブス1匹とハクトウワシ1羽を飼育した。
(2018.12.28 16:58 産経新聞)

「めっちゃさわれる動物園」無許可飼育で罰金刑

 滋賀県守山市の「めっちゃさわれる動物園」などで人に危害を加える恐れのあるサルとワシを無許可で飼育したとして、動物愛護法違反(特定動物の無許可飼養)に問われた同市の男性被告(55)に対し、大津地裁(今井輝幸裁判官)は28日、求刑通り罰金30万円の判決を言い渡した。
 判決によると、被告は2015年8〜9月、同市内の二つの動物園で、県に無許可でオナガザル科のアビシニアコロブス1匹と、タカ科のハクトウワシ1羽を飼育した。
 めっちゃさわれる動物園は来年1月15日で閉園する。
(2018年12月29日 15時14分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます