報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

依頼人から預かった金など着服 元弁護士に執行猶予付きの有罪判決 大阪地裁

 依頼人からの預り金を着服した罪などに問われた元弁護士の男に対し、大阪地方裁判所は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 元弁護士の吉村卓輝被告(39)は去年、詐欺事件の被告から被害者に弁済するための資金として預かっていた現金約500万円を着服した業務上横領の罪に問われています。
 また、別の依頼人からの預り金およそ800万円を着服した罪や、所属していた会派の口座からおよそ2000万円を着服した罪にも問われています。
 これまでの裁判で吉村被告はすべての起訴内容を認め、「事務所の経費がひっ迫していて犯行に及んだ」と供述。
検察は懲役4年を求刑していました。
 12日の判決で大阪地裁の増田啓祐裁判長は「横領額は多額で、弁護士という社会的地位に対する信頼を裏切る、悪質性の高い犯行だ」と指摘。
 「金の一部は個人的な使途にも消費していて、経緯や動機に酌むべき事情はない」としました。
 一方で、すでに弁護士会から退会命令を受けていることなどを考慮し、吉村被告に対し懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。
(5/12(水) 19:26 関西テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます