報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女子児童12人にわいせつ行為 小学校教師に判決 「最も信頼できる大人」からの被害と指摘 大阪地裁

 小学校の講師だった男が女子児童12人に対しわいせつな行為をしたとされる事件の裁判で、大阪地方裁判所は男に懲役5年6カ月の判決を言い渡しました。
 阪府門真市立の小学校の講師だった山脇魁斗被告(27)は2017年から2019年にかけて、担任として指導していた女子児童ら12人(当時8歳〜9歳)に対し、自らの下腹部を無理やり押し当てるなどしたとして、31件の強制わいせつの罪に問われています。
 これまでの裁判で山脇被告は起訴内容を認めていて、検察は懲役8年を求刑していました。
 25日の判決で大阪地裁の坂口裕俊裁判官は、「携帯で動画撮影をできるようセットしてから、教室や更衣室に児童を呼び出し、九九を言わせたり、教科書を読ませたりするなど、注意をそらした上でわいせつ行為に及んでいて、卑劣というしかない犯行」と指摘。
 「最も信頼できる大人であるはずの担任教師から被害を受けた児童らが、大人や男性に対して不信感や恐怖等を抱く可能性は高く、事件数は多数にのぼっており常習性は明らか」などとして、山脇被告に懲役5年6カ月を言い渡しました。
(1/25(月) 18:21 関西テレビ)

小学校で女児12人にわいせつ行為 27歳元講師に実刑

 勤務先の学校の教室などで女児12人にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われた大阪府門真市立小の元臨時講師、山脇魁斗(かいと)被告(27)=懲戒免職=に対し、大阪地裁(坂口裕俊裁判官)は25日、懲役5年6カ月(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決によると、被告は2017年5月〜19年12月、当時8〜9歳の女児12人に対し、教室や更衣室で計31回にわたり服越しに下半身を押し付けるなどのわいせつな行為をした。(米田優人)
(1/27(水) 14:25 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます