報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

城東区役所土地、明け渡し認めず 地裁、請求棄却 /大阪

 大阪市城東区役所が入る複合施設を巡り、敷地の一部を所有する一般社団法人「城東鶴見工業会」(城東区)が市に土地の明け渡しなどを求めた訴訟の判決で、大阪地裁(酒井良介裁判長)は3日、請求を棄却した。
 判決によると、工業会は2010年、市に土地を貸す代わりに、賃料を払って施設に入居することに合意。12年には月約56万円で土地を貸す契約を結んだが、16年の施設完成後に市が提示した入居賃料は月約112万円だった。工業会は「土地代と賃料を同額にする合意があった」として契約の解除を申し出て、土地の明け渡しなどを求めていた。
 判決は、市が交渉段階で同額を想定した説明をしつつ、後に工業会の希望と離れた条件を提示した点を「信義則に反する」と批判した。一方、賃料は法規定に沿った方法で算定しており、恣意(しい)的に同額とするのは違法になると指摘。「同額にできるとの期待を保護するのは違法行為への助力に等しい」とし、契約は解除できないと結論付けた。また、工業会に施設への入居を求めた市の請求も棄却した。【藤河匠】
(2020年7月4日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます