報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

駅ホームで女性に乱暴、懲役8年 大阪地裁、42歳男

 地下鉄の駅のホームで女性を乱暴したとして強制性交などの罪に問われた無職長谷川仁被告(42)の判決で、大阪地裁(佐藤卓生裁判長)は16日、懲役8年(求刑懲役9年)を言い渡した。
 判決などによると、昨年6月23日午後2時40分〜3時10分ごろ、大阪市内を走行中の地下鉄の車内で10代女性の体を触った後、降りた駅のホームで、体を押さえ付けて抵抗を困難にし乱暴。また昨年5〜7月、大阪市内の路上やマンションの階段踊り場、電車内で、10〜20代女性4人の体を触るなどした。
 判決理由で佐藤裁判長は、被害者の精神的苦痛は非常に大きく「刑事責任は重大だ」と述べた。
(2020/4/16 16:15 (JST)4/16 16:27 (JST)updated 共同通信)

少女に暴行、懲役8年 白昼、地下鉄駅で 大阪地裁判決

 大阪メトロ御堂筋線中津駅のホームで少女に性的暴行を加えるなどしたとして、強制性交等などの罪に問われた無職、長谷川仁被告(42)に対し、大阪地裁は16日、懲役8年(求刑・懲役9年)の実刑判決を言い渡した。佐藤卓生裁判長は「強度のわいせつ行為を執拗(しつよう)に繰り返し、刑事責任は重大だ」と述べた。
 判決は、長谷川被告が2019年5月から約3カ月間で、当時18歳の少女を含む5人に性的暴行などを繰り返したと認定。被害者は精神的苦痛で日常生活に支障が出ていると指摘した。
 判決によると、長谷川被告は19年6月23日午後2時40分〜3時10分ごろ、走行中の電車内で少女の下半身を触るなどした上、降車した駅のホームで少女の体を押さえつけ、性的暴行を加えた。他にも、電車内や路上で10〜20代の女性4人にわいせつ行為を繰り返した。
 事件は、駅のホームという公共の場で起きた。御堂筋線では1988年にも、電車で2人組の男に痴漢を注意した女性が、逆恨みされて性的暴行を受ける事件があった。事件を機に発足した大阪市の「性暴力を許さない女の会」代表、栗原洋子さん(73)は判決を傍聴した後、「あまりにも身勝手で許せない。鉄道会社も、乗客が安心して利用できるように運行する責務がある。車内や駅構内の巡視を強化し、周囲の乗客も不審な行為に気付いたら声を上げてほしい」と話した。【伊藤遥】
(2020年4月17日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます