報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

手錠腰縄訴訟で当時の裁判官を批判 賠償請求は棄却 大阪地裁判決

 刑事裁判で手錠と腰縄を付けたまま入退廷させられ、精神的苦痛を受けたとして、元被告の男性2人が計50万円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(大須賀寛之裁判長)は27日、「被告の正当な利益への配慮を欠いていた」と当時の裁判官の対応を批判した。一方で「違法とまでは言えない」として、賠償請求は棄却した。
 判決によると、2人はそれぞれ覚せい剤取締法違反罪に問われ、2017年5月に大阪地裁で実刑判決を受けた。弁護人は公判で、被告の入退廷時に手錠・腰縄姿が傍聴人らから見えないようにする措置を求めたが、裁判官は認めなかった。
 判決は「手錠姿を見られたくないというのは、個人の尊厳を定めた憲法13条が認める人格的な利益」と判断。傍聴人の入廷前に手錠を外すなどの配慮をした事例は複数あるとして、弁護人からの要望後も具体的な方法を検討しなかった裁判官の対応は「相当ではなかった」と指摘した。
 ただ目的は被告の逃走防止で、多くの裁判所が同様の運用を行っている点も考慮し、「甚だしく不当とは言えない」と結論づけた。
 最高裁は、被告の手錠・腰縄姿を見られないようにする事情がある場合、傍聴人のいない所で着脱するなどの対応を各裁判所に求めているが、運用は裁判官に委ねられている。
 法廷での手錠・腰縄姿を巡り、被告の人格権を認めた判決は初めてという。弁護団は「画期的な判決」と評価したが、賠償を認めなかった点を不服として控訴を検討している。
 同種訴訟では、京都地裁が昨年9月に元被告の請求を棄却している(控訴中)。【戸上文恵】
(2019年5月27日 20時37分(最終更新 5月27日 22時45分) 毎日新聞)

「人目に触れぬ配慮必要」=被告の手錠、腰縄姿−大阪地裁

 刑事裁判での入出廷時に手錠、腰縄を付けた姿で人目にさらされ精神的苦痛を受けたとして、元被告が国に計50万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁の大須賀寛之裁判長は27日、手錠、腰縄姿を見られたくない心情は「法的保護に値する人格的利益で、可能な限り尊重されるべきだ」と述べ、一定の配慮が必要との判断を示した。賠償請求は棄却した。
 訴えていたのは30代と40代の男性。大須賀裁判長は、傍聴人らから見える形で入出廷させた裁判官らの措置は「配慮を欠き、相当ではなかった」と指摘した。一方、法廷警察権の目的、範囲を著しく逸脱する特段の事情は認められず、国家賠償法上の違法性はないと結論付けた。
(2019年05月27日18時58分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます