報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

大阪・日本橋の路上で男性殴ってかばん奪う 男に執行猶予付き有罪判決

 去年9月、大阪市の路上で男性を暴行しかばんを盗んだ罪に問われた男に対し、大阪地方裁判所は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 白石賢志被告(41)は去年9月、浪速区日本橋の路上で男性(32)の頭を蹴るなどして全治1か月の大けがをさせ、かばんを盗んだ傷害と窃盗の罪に問われています。
 これまでの裁判で白石被告は「気が付いたらリュックを持っていた」と窃盗について否認し、検察は「被害者のポケットを物色していたことから金品を盗む意思は推認される」と指摘していました。
 26日の判決で大阪地裁(山口智子裁判官)は「白石被告はカッとなりながらも状況を把握し、意思に沿って行動していた」と窃盗の罪を認定しました。
 そのうえで「被害者に100万円を弁済している」などとして懲役3年、執行猶予4年を言い渡しました。
(4/27(土) 8:15 関西テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます