報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

茶のしずく訴訟で賠償命令 4200万円、大阪地裁

 「茶のしずく石鹸」の旧製品を使い、小麦アレルギーを発症したとして、大阪府などの原告20人が販売元の悠香(福岡県大野城市)など3社に1人当たり1千万〜1500万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁(大須賀寛之裁判長)は29日、3社全ての製造責任を認め、計約4200万円の支払いを命じた。
 残りの2社は製造元のフェニックス(奈良県御所市)と、アレルギー源の小麦由来成分を作った片山化学工業研究所(大阪市)。
 判決理由で大須賀裁判長は、製品について「製造物として安全性を欠き、欠陥があった」と認定。一方で「個々の症状は一過性のもので、回復傾向が科学的に裏付けられている」とし、賠償額は1人当たり150万〜250万円とした。
 判決を受け、弁護団の菅聡一郎弁護士は「責任論では全面勝訴だが、低い賠償額には納得できない」とし、控訴する意向を明らかにした。
 弁護団によると、大阪訴訟は2012年以降、男女計119人が提訴。うち90人は悠香など2社が一律計223万円を支払うことで訴えを取り下げた。別の9人も和解が成立した。同種訴訟は全国各地で起こされ、京都、東京、福岡各地裁なども企業側に賠償を命じている。〔共同〕
(2019/3/29 18:48 日経新聞)

旧「茶のしずく」3社に賠償命令=原料と製品に欠陥−大阪地裁

 「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品で小麦アレルギーを発症したとして、購入者20人が販売元の悠香(福岡県)など3社に計2億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(大須賀寛之裁判長)は29日、製品と原材料の欠陥を認め、3社に計約4195万円の賠償を命じた。
 他の2社はせっけんを製造したフェニックス(奈良県)、原材料メーカーの片山化学工業研究所(大阪市)。
 大須賀裁判長は「重篤なアレルギーを引き超こす危険性があり、製造物として安全性を欠いていた」と指摘。3社の共同不法行為責任を認め、製造物責任法に基づき賠償義務を負うと判断した。
 原告側弁護団によると、2012年以降、約120人が同地裁に提訴したが、大半は和解した。
 悠香の話 判決を真摯(しんし)に受け止め、内容を精査の上、対応を決めたい。
(2019年03月29日19時52分 時事ドットコム)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます