報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

家族・知人で交通事故偽装 主犯格の被告に懲役4年

 家族や知人と交通事故を偽装し、保険金約6000万円を騙し取った罪などに問われた男に、大阪地方裁判所は懲役4年を言い渡しました。
 建設業の大久保雅司被告(67)は2014年から16年にかけて家族や知人と共謀して4件の交通事故を偽装し、保険金合わせて約6000万円を騙し取った詐欺などの罪に問われています。
 裁判で大久保被告は起訴内容を認めたものの「偽装は共犯者が計画した」などと主張していました。
 判決で大阪地裁の山口智子裁判官は「事故を偽装する日時や場所を計画するなど、筋書きを考えたのは大久保被告だ」と述べ、事件の主犯格と認定しました。
 その上で「酌量の余地は全くなく、被害弁償も一切されていない」として、懲役4年を言い渡しました。
(6/11(月) 12:11 関西テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます