報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

国歌斉唱不起立、大阪府立高教諭らの請求棄却 大阪地裁

 卒業式や入学式の国歌斉唱時に起立しなかったことを理由に戒告の懲戒処分を受けたのは違法だとして、大阪府立の高校、支援学校の教諭と元教諭計7人が府に処分取り消しと慰謝料を求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁であり、内藤裕之裁判長は処分を適法と判断して請求を棄却した。
 原告側は、卒業式や入学式などで国歌が斉唱される際には教職員は起立することとした府の国旗国歌条例や、起立斉唱を求めた学校長による職務命令は「思想や良心の自由を侵害しており憲法違反」と主張。内藤裁判長は判決理由で「教育上の行事にふさわしい秩序の確保や式典の円滑な進行を図る目的があり、違憲とはいえない」と退けた。
 その上で、府の処分が適法だったかどうかを判断。起立しなかったことは「重要な学校行事で自己の信念などを優先させ、厳しい非難に値する」と指摘。処分は裁量権の逸脱や乱用にあたらないと結論づけた。
 判決によると、7人は平成24〜26年に府内の高校や支援学校で開かれた卒業式や入学式で、国歌斉唱時に職務命令に反して起立せず、府教育委員会から処分を受けた。
(2018.3.26 19:51 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます