報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

金塊を換金した現金を強奪 指示役の小池被告に懲役12年

 去年4月、大阪市中央区で金塊を換金した現金が奪われそうになった事件で、指示役の元暴力団組員の男に対し、大阪地方裁判所は懲役12年を言い渡しました。
 小池勇樹被告(36)は去年4月、大阪市中央区で会社経営者2人が持っていた現金約7000万円を奪おうと実行犯の男3人に襲わせてケガをさせた強盗致傷の罪などに問われています。
 奪おうとした現金は密輸した金塊を換金して得たもので、小池被告はこれまでの裁判で起訴内容を認める一方、「本来の目的は“ひったくり”だった」と主張していました。
 判決で、大阪地裁(村越一浩裁判長)は「実行犯に催涙スプレーを渡しており、簡単にひったくれないことは予想していた」と小池被告の主張を退け、「実行犯と比較すれば責任は最も重い」として、小池被告に懲役12年を言い渡しました。
(2/8(木) 12:32 関西テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます