報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元大阪府池田市議に実刑判決 整骨院療養費詐欺事件「不正請求を織り込んで経営」 大阪地裁

 整骨院の療養費計約600万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元大阪府池田市議で整骨院運営会社元社長、羽田達也被告(38)に対する判決公判が23日、大阪地裁で開かれた。村越一浩裁判長は「開院初期から不正請求を織り込んだ経営を続けていた。悪質で常習的犯行」として懲役2年10月(求刑懲役4年6月)を言い渡した。
 羽田被告は「市議となって会社を離れてからは関与していない」と一部を争ったが、村越裁判長は判決理由で「不正の仕組みを確立し、中心的な役割を果たした」と認定。羽田被告は公判中の昨年12月に市議を辞職したが、村越裁判長は「悪質な手口で実刑は避けられない」と述べた。
 判決によると、羽田被告は平成22年8月〜28年5月、自分が経営していた整骨院での通院日数を水増しするなどして、約130回にわたり健康保険協会や保険会社から療養費計約600万円をだまし取った。
(2018.2.24 08:33 産経WEST)

詐欺 整骨院療養費不正 元池田市議に懲役2年 大阪地裁

 経営していた整骨院の療養費を不正請求したとして、詐欺罪に問われた元大阪府池田市議、羽田達也被告(38)=昨年12月に議員辞職=に対し、大阪地裁(村越一浩裁判長)は23日、懲役2年10月(求刑・懲役4年6月)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は、羽田被告が市議当選後の2015年5月以降は整骨院の経営に関わっていないとして起訴内容を一部否認していた。
 村越裁判長は「開設当初から不正請求のやり方を従業員に教え、その後も積極的にやめさせることをしなかった」と指摘した。
 判決によると、10年8月〜16年5月、患者が整骨院で施術を受けたとする虚偽の書類を全国健康保険協会などに提出し、療養費約600万円を詐取した。【遠藤浩二】
(2018年2月23日 22時30分(最終更新 2月23日 22時30分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます