報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

生後3カ月の長男揺さぶり 父親に有罪判決 大阪地裁

 当時生後3カ月だった長男(2)を揺さぶるなどして頭部に衝撃を与え、重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた被告の父親=大阪市=(25)に対する判決公判が22日、大阪地裁で開かれた。長瀬敬昭(たかあき)裁判官は懲役2年8月、執行猶予3年(求刑懲役4年)を言い渡した。
 弁護側は「入浴中に水を誤飲したので水を吐かせる行為はしたが、暴行はしていない」と無罪を主張したが、長瀬裁判官は判決理由で「医師の証言では長男の傷は水を吐かせる行為と一致せず、揺さぶりなどの暴行を受けた」と認定した。
 判決によると、被告は平成27年11月11日夜、自宅で長男を揺さぶるなどの暴行を加え、左半身まひなどの重度の後遺症が出る可能性がある急性硬膜下血腫などの傷害を負わせた。
(2018.2.22 20:11 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます