報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

大阪府警OBに実刑 診療報酬詐取、大阪地裁判決

 大阪市内の歯科医院で診療報酬約400万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元大阪府警巡査部長、今野作治被告(58)の判決公判が13日、大阪地裁であり、飯島健太郎裁判長は懲役3年(求刑懲役3年6月)を言い渡した。
 被告は「診療報酬の不正請求には関与していない」と無罪を主張したが、飯島裁判長は歯科医らの供述から「医院の経営者に不正請求への協力を承諾させるなど主犯格の一人と認められる」と指摘。「レントゲン撮影や窓口料徴収など不正が発覚しないための措置を講じており、組織的、計画的で巧妙な犯行だ」と述べた。
 判決によると、歯科医らと共謀し2015年9〜11月、大阪市浪速区の歯科医院で、患者を診察したと偽り、診療報酬計約400万円を詐取した。
(2018/2/13 18:47 日経新聞)

<診療報酬詐欺>元大阪府警警官に懲役3年 400万円詐取

 大阪市浪速区の歯科医院で診療報酬約400万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元大阪府警巡査部長、今野作治被告(58)に対し、大阪地裁(飯島健太郎裁判長)は13日、懲役3年(求刑・懲役3年6月)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は「不正請求について共犯者と話し合ったことはない」と無罪を主張していた。
 飯島裁判長は、今野被告が歯科医師に対し、「患者をレントゲン撮影して、一律200円を窓口で支払ってもらえば、不正がばれてもかわせるから大丈夫」などと発言したと認定。「自ら明確な不正請求の話をしており、主犯格の一人と認められる」と指摘した。
 判決によると、今野被告は、2015年10〜11月、歯科医師の男(46)=懲役3年、執行猶予5年が確定=ら6人と共謀。延べ120人の患者を診療したように装って診療報酬の架空・水増し請求を繰り返し、計約400万円をだまし取った。【遠藤浩二】
(2/13(火) 19:28 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます