報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「生命軽視著しい」山田被告に死刑判決 寝屋川中1男女殺害

 大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判で、大阪地裁は19日、求刑通り死刑を言い渡した。浅香竜太裁判長は被告が2人を殺害したと認定し、「出会ったばかりの子どもたちを立て続けに殺害した。生命軽視の度合いが著しく、極刑はやむを得ない」と述べた。弁護側は即日控訴した。
 裁判では自供や目撃証言などの直接証拠がなく、星野凌斗(りょうと)さん(当時12歳)の死因や平田奈津美さん(同13歳)への殺意、被告の刑事責任能力が争点となった。判決は完全責任能力を認めるなど、弁護側の主張を全面的に退けた。
 星野さんについて、弁護側は熱中症などの体調不良で死亡したと主張。しかし浅香裁判長は、窒息死の特徴である歯がピンクになる変色現象が見られたことや、「死亡するほど重度の熱中症になるとは考えにくい」とした専門家の証言を認め、死因を首の圧迫による窒息死と判断した。
 平田さんへの殺意については、窒息死するには首を数分間絞め付ける必要があり、顔などに粘着テープが異様なほど巻かれていたほか、約50カ所の切り傷が残っていたことから、明らかな殺意があったと判断した。
 責任能力についても、事件前後に被告がスマートフォンで「DNA鑑定」「死体」などの言葉を検索していたことから、合理的で冷静な行動を取っていたと指摘。弁護側は発達障害の影響で心神耗弱状態だったと主張していたが、影響は限定的だと退けた。
 山田被告は公判で、「平田さんに『京都に行きたい』と誘われ、拒否すると『警察に言う』と言われた」などと述べたが、浅香裁判長は「虚偽と言わざるを得ない」と言及。何らかの理由で1人目を殺害し、口封じのために2人目も殺したと認定した。
 さらに、犯行の態様や遺族感情など10項目からなる最高裁決定(15年)の基準に基づき、死刑を適用するか検討。計画性はないが、「大人が守るべき対象である子ども2人を殺害したことは、類を見ないほど極めて重い」などとして、回避する理由にはならないと結論付けた。
 判決後、弁護人は「事実誤認は明らか。裁判所は『疑わしきは被告人の利益に』という原則の適用が甘すぎる」と報道陣に述べた。
 判決によると、山田被告は15年8月13日、星野さんと平田さんの首を圧迫するなどして窒息死させた。【遠藤浩二】
 ◇悩み抜いて結論
 判決後、裁判員5人と補充裁判員1人が記者会見に応じ、死刑の重みを感じながら悩み抜いて結論を出した経緯を振り返った。
 公判では目撃証言などの有力な証拠がなく、裁判員らは難しい判断を迫られた。60代女性は「証拠は乏しかったが、公判に出た事実を最大限考慮して話し合えた」と語った。
 死刑を選択したことについて、20代女性は「量刑が一番難しく、精神的につらかった」と吐露。別の裁判員も、「(死刑で)生命を奪うことに違和感を感じないわけではないが、議論を重ねて納得のいく結論になった」と複雑な心情を明かした。
 今回の公判では裁判員6人と補充裁判員4人が選任されたが、裁判員1人と補充裁判員2人が辞任を申し出て、解任された。大阪地裁は理由を明らかにしていない。【高嶋将之】
(12/19(水) 19:59 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます