報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

9ヵ月の娘を死なせた母親 懲役3年判決

 幼い命が奪われる事件が後を絶たないわけですが、大阪で注目の裁判がありました。夫への不満が原因で、生後9ヵ月の娘を床に落とし、死なせた母親。
 2日、判決を迎えました。
 事件が起きたのは3人の子どもと過ごしていた時でした。
 大阪市旭区の無職・奈須ひろみ被告(31)はことし1月、自宅で生後9か月の次女柚花ちゃんを持ち上げて床に落としたり、ベッドに投げたりしました。
 柚花ちゃんは頭の骨を折り、死亡。
 動機は夫に対する不満で、奈須被告は傷害致死の罪で起訴されました。
 これまでの裁判で、奈須被告は起訴内容を認め、検察側は、母親の手で死に至った柚花ちゃんがあまりに不憫で痛ましいとして、懲役6年を求刑していました。
 そして迎えた2日の判決。
 西野吾一裁判長は「ワンルームマンションで3人の子どもを懸命に育てていた被告が自分自身を優先する夫の態度などにストレスをため込んで、突発的に犯行に及んだ」と認定。「本来は母親である被告に保護されるべき、何の責任もない次女を死なせた結果は重大」と指摘しました。
 そして、奈須被告に懲役3年の実刑を言い渡しました。
 裁判長は判決の後「将来、長男と長女を育てることになるなら、事件から学んで生かしてほしい」と話しました。
(8/2(水) 19:35配信 関西テレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます