報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

老老介護殺人 被告に実刑判決 地裁 /大阪

 大阪府寝屋川市内の自宅で介護に疲れて妻を殺害したとして、殺人罪に問われた、岩田一利被告(76)の裁判員裁判で、大阪地裁は30日、懲役4年6月(求刑・懲役6年)の実刑判決を言い渡した。西野吾一裁判長は「被害者に落ち度はなく、理不尽な犯行だ」と指摘した。
(2017年7月1日 毎日新聞)

【大阪】老老介護殺人 妻殺害男に懲役4年6ヵ月

 殺害の同意があったのか、なかったのか。老老介護の末に妻を殺害したとされる76歳の男の裁判員裁判で、懲役4年6ヵ月が言い渡されました。
 元警備員の岩田一利被告(76)は、去年5月、介護疲れを苦に、大阪府寝屋川市の自宅寝室で寝ていた妻の千鶴さん(当時70)の首を電気コードで絞めて窒息死させた罪に問われていました。岩田被告は、「『一緒に死のうな』と言ったら、妻は『うん』と答えた」と話し、裁判では、脊椎の病気でリハビリ中だった千鶴さんが、殺害されることに同意していたか否かが最大の争点になりました。30日の判決で大阪地裁は、「被害者の前向きな生活状況からすれば、自分の死を望むような心境ではなく、殺害に対する同意はなかった」と指摘。「眠って抵抗できないところを狙った理不尽な犯行」と非難し、懲役4年6ヵ月を言い渡しました。
(7/1 00:39 ABCニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます