報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「6つの人格」主張…交際女性殺害の26歳男に懲役16年判決 大阪地裁

 交際女性を包丁で多数回切りつけて殺害したとして、殺人罪に問われた無職、隅田龍馬(りょうま)被告(26)の裁判員裁判の判決公判が2日、大阪地裁で開かれ、飯島健太郎裁判長は懲役16年(求刑懲役18年)を言い渡した。
 公判では、事実関係はほぼ争いはなかったが、弁護側は「(隅田被告には)6つの人格があり、当時は別の人格が表に出ていた」と解離性同一性障害(多重人格)による心神喪失状態だったとして無罪を主張。これに対し、検察側は「意図的にキャラクターを使い分けていただけで病気ではない」と反論していた。
 起訴状によると、隅田被告は平成27年7月、大阪市中央区高津の当時の自宅マンション一室で、小島優輝(ゆき)さん=当時(21)=の首などを包丁で多数回切りつけ、失血死させたとしている。
(2017.11.2 12:04 産経WEST)

女性殺害 「多重人格も責任能力あり」懲役16年 大阪

 大阪市中央区で2015年、交際女性(当時21歳)を刺殺したとして殺人罪に問われた無職、隅田龍馬被告(26)の裁判員裁判で、大阪地裁は2日、懲役16年(求刑・懲役18年)の判決を言い渡した。飯島健太郎裁判長は、「被告は事件当時、解離性同一性障害(多重人格)だったが、周囲の状況に応じて合理的な行動を取っており、完全な責任能力が認められる」と述べた。
 弁護側は「事件当時は別人格で心神喪失の状態だった」と無罪主張しており、責任能力の有無が争点だった。
 公判では精神鑑定をした医師2人が出廷。1人は「多重人格の障害がある」と述べたが、もう1人は「詐病だ」と証言した。検察側は「別人格の犯行を装っているが、動機は別れ話を切り出されたこと」と指摘し、完全な責任能力があると主張していた。
 飯島裁判長は、事件当時の人格が現在とは別であることを認める一方「事件当時の人格で責任能力の有無を判断すべきだ」と指摘した。
 判決によると、隅田被告は15年7月11日午前11時ごろ、中央区の自宅マンションで別れ話を切り出した小島優輝(ゆき)さん(当時21歳)の首を包丁で複数回切りつけ、殺害した。【遠藤浩二】
(2017年11月2日 12時05分(最終更新 11月2日 13時18分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます