報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

大阪地裁、2匹殺害に「有罪」
 野良猫を2匹捕まえて殺したとして、動物愛護法の罪に問われた住所不定、無職の男性被告(47)に対し、大阪地裁は5日、懲役6ヶ月執行猶予2年の有罪判決を言い渡した。
 裁判では野良猫が同法の対象かどうかが争点になった。
 松山昇平裁判官は「飼い猫と野良猫を区別する理由はない」と認め、検察側は、「飼い猫、野良猫を問わず猫は愛護動物」との前提で男性を起訴、国選弁護人は「男性は野良猫を占有しておらず対象外」と無実を主張していた。
 男性は9月19日未明、大阪市浪速区と大正区で、1匹千円で三味線の皮などを扱うヤミ業者に売ろうとして、猫2匹を捕まえ、鉄棒で殴って殺した。
(2001年12月6日 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます