報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

損害賠償訴訟 保護者会退会父親の請求棄却 地裁堺支部

 堺市内の私立中高一貫校に長女(17)を通わせている父親(42)が、保護者会退会を理由に長女だけ中学の卒業式でコサージュをもらえず精神的苦痛を受けたとして、同会と同校事務長に計2万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部は18日、「違法な侵害行為は認められない」として請求を棄却した。父親は控訴する方針。
 判決によると、父親は、意見の違いから2014年に退会。同会が昨年3月の卒業式でコサージュを用意するのを知り、教員から花の種類を聞いて自前で用意した。
 渡辺健司裁判官は「会がコサージュを交付することは親が自らの子を祝う行為。損害賠償をさせられる事柄とは考えがたい」とした。【山下貴史】
(2017年8月18日 20時02分(最終更新 8月18日 22時33分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます