報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

父に懲役7年、母に3年の実刑…堺の男児虐待死

 堺市北区の梶本樹李たつきちゃん(死亡当時3歳)が行方不明となり、昨年11月に遺体で見つかった事件で、傷害致死や死体遺棄などの罪に問われた父親の卓すぐる(36)、母親の千穂(33)両被告の裁判員裁判の判決が6日、大阪地裁堺支部であり、真鍋秀永裁判長は、卓被告に懲役7年、千穂被告に懲役3年の実刑判決を言い渡した。
 判決によると、卓被告は2015年12月17日、大阪府松原市の当時の自宅で、就寝しない樹李ちゃんに腹を立て、頭を数回たたいて壁に打ち付けて死亡させた。千穂被告も卓被告の暴行を止めず、共謀して遺体を16年5月、同府千早赤阪村の山中の河原に埋めた。
 公判で検察側は、卓被告に懲役10年を求刑。千穂被告は、傷害致死罪について「たたいていない」などとして無罪を主張していたが、検察側は「卓被告の暴力を容認しており、共犯にあたる」として懲役7年を求刑するとともに、予備的訴因として、ほう助罪を追加し、この場合は同4年が妥当としていた。
 真鍋裁判長は判決で、「千穂被告は暴行するよう頼んだわけではない」などとして傷害致死罪の成立を否定する一方で、「暴行を予見できたのに声をかけていない」と述べ、ほう助罪を適用。その上で、「卓被告は遺体の扱いもあまりにひどい。千穂被告も我が子を守るための行動をとらず、責任は重い」と述べた。
(2017年10月06日 19時14分 読売新聞)

男児暴行死、父に懲役7年 母はほう助罪で3年 大阪地裁

 昨年11月に堺市北区の梶本樹李ちゃん=当時(3)=の遺体が大阪府千早赤阪村の山中から見つかった事件で、傷害致死と死体遺棄の罪に問われた両親に対する裁判員裁判の判決が6日、大阪地裁堺支部であり、真鍋秀永裁判長は父親の卓被告(36)に懲役7年(求刑懲役10年)、母親の千穂被告(33)に懲役3年(求刑懲役7年)を言い渡した。
 傷害致死罪に関し、実際に暴行を加えていない千穂被告の共謀が成立するかが争点。真鍋裁判長は判決理由で、千穂被告は卓被告の暴行を予測していたものの、積極的に受け入れていたわけではないとして共謀を認めず、暴行を強く制止しなかった傷害致死のほう助罪にとどまると判断した。
 検察側は結審後、仮に共謀が認められない場合でもほう助罪に該当するとの主張を追加し、懲役4年を求刑していた。
 判決によると、平成27年12月17日ごろ、卓被告は、当時の大阪府松原市の自宅で長男の樹李ちゃんの頭を数回たたき、壁に打ち付けるなどの暴行を加え、翌18日ごろに死亡させた。千穂被告は暴行を制止せず、卓被告の犯行を助けた。
 その後、両被告は共謀し、遺体を布団でくるんで圧縮袋に詰め、転居先で放置し、昨年5月ごろに千早赤阪村の山中に埋めた。
(2017.10.6 17:16 産経WEST)


3歳男児暴行死 両親に実刑判決 大阪 堺

 3歳の長男に暴行を加えて死なせ、遺体を山中に遺棄したとして傷害致死や死体遺棄などの罪に問われた大阪・堺市の両親に対し、裁判所は「幼いわが子に対しあまりにもひどい扱いで、妻も夫の暴行を止められたはずだ」として父親に懲役7年、母親に懲役3年の実刑判決を言い渡しました。
 大阪・堺市の鉄筋工、梶本卓被告(36)と妻の千穂被告(33)はおととし、当時暮らしていた松原市の住宅で長男の樹李ちゃん(当時3)の頭をたたくなどして死亡させ、遺体を千早赤阪村の山に遺棄したとして傷害致死や死体遺棄などの罪に問われています。
 裁判で卓被告は起訴内容を認め、千穂被告は「自分は暴行していない」として傷害致死は無罪だと主張していました。
 判決で大阪地方裁判所堺支部の真鍋秀永裁判長は「日常的な虐待はなかったが、子どもが寝つかないことに腹を立てた夫が暴行して死なせ、発覚をおそれて遺体を埋めた。幼いわが子に対しあまりにもひどい扱いで、強く非難されるべきだ」と指摘しました。
 また「妻は暴行していないが夫を止められたはずで、傷害致死のほう助に当たり、遺体の遺棄も夫に任せた」として、卓被告に懲役7年、千穂被告に懲役3年の実刑を言い渡しました。
(10月6日 16時55分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます