報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

猪名川町議「当選無効」取り消し訴え、大阪高裁が棄却

 昨年9月の兵庫県猪名川町議選で、選挙区内に居住実態がなかったとして県選挙管理委員会が当選無効とした決定を不服とし、同町の中西典章町議(45)が決定の取り消しを求めた訴訟の判決で、大阪高裁(大島眞一裁判長)は31日、中西氏の訴えを棄却した。
 公職選挙法は選挙がある市区町村で3カ月以上居住実態がある場合に被選挙権を認める。中西氏は昨年9月の町議選で無所属で初当選したが、居住実態がなかったとして町選管に当選を無効とされた。県選管に決定取り消しを求めたが今年1月、申し立てを棄却された。
 このため今年2月に提訴。昨年5月に同県川西市から同町内に生活拠点を移したと主張したが、判決は電気、水道料金を見ても昨年8月19日ごろまで居住実態はなかったとした。
 中西氏は「こちらが出した証拠への評価がなく、結果は不当で上告する」と話した。(大盛周平)
(2020/7/31 20:00 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます