報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

神戸市の借り上げ復興住宅訴訟 住民側の控訴を棄却

 阪神・淡路大震災の被災者向けに神戸市が賃貸で提供した借り上げ復興住宅「キャナルタウンウェスト」(同市兵庫区)で、20年間の借り上げ期間が過ぎたとして、市が住民の女性(76)に退去を求めた訴訟の控訴審判決が19日、大阪高裁であった。小西義博裁判長は部屋の明け渡しなどを命じた一審神戸地裁判決を支持し、女性側の控訴を棄却した。女性側は上告する方針。
 小西裁判長は判決で、神戸市は入居時に期限や明け渡し義務の説明をしていなかったが、借り上げ期間が終わる6カ月以上前に住民に通知すれば有効と指摘。女性には期間終了の約7カ月半前に通知しており、住居移転に伴う負担軽減策も実施しているとした。
 神戸市によると、市は借り上げ復興住宅からの退去を求め、これまで女性を含め5団地の12世帯を提訴。2団地の2世帯が明け渡しに応じたという。
 判決を受け、久元喜造市長は「今後も全ての借り上げ住宅の入居者に丁寧できめ細かい対応をしたい」とのコメントを出した。
(6/19(金) 21:58 神戸新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます