報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

乳児大けが 揺さぶり疑われた母親に逆転無罪 大阪高裁

 6年前、大阪市で生後1か月の女の子が脳に大けがを負ったことをめぐり、頭を激しく揺さぶったのが原因だとして、母親が傷害の罪に問われた裁判で、2審の大阪高等裁判所は「揺さぶりが原因ではない可能性を否定できない」として、1審の有罪判決を取り消し無罪を言い渡しました。
 平成26年、大阪市内に住んでいた生後1か月の女の子が自宅の中で脳に大けがを負ったことをめぐり、30代の母親が体を激しく揺さぶったのが原因だとして、傷害の罪に問われました。
 母親は「一緒にいた2歳のきょうだいが持ち上げて落としてしまった」などと無罪を主張しましたが、1審で執行猶予のついた懲役3年の有罪判決を言い渡され、控訴していました。
 6日の2審の判決で、大阪高等裁判所の西田眞基裁判長は「『揺さぶりによる出血があった』という1審の有罪判決の根拠となった医師の証言が、2審では『誇張する内容だった』として撤回された。ほかの複数の医師の証言により、低い位置からの落下でも脳に大けがをする可能性が否定できない」として1審の有罪判決を取り消し、無罪を言い渡しました。
 担当弁護士「捜査を検証し見直しを」
 判決のあと、女性の弁護をした秋田真志弁護士は「無罪判決が出るまでの5年間は長いものでした。裁判のために証言してくれた医師や家族など、たくさんの人が支えてくれたことを感謝します」という女性のコメントを読み上げました。
 そのうえで、SBSと呼ばれる乳児の揺さぶりが疑われたケースについて「去年10月に大阪高裁で出た無罪判決に引き続き、今回も無罪判決が出た。捜査機関は子どもの虐待が疑われる事案について、その多くを揺さぶりと結び付け付けすぎている。今後、捜査機関はこの捜査方針自体を検証し、見直す必要があるだろう」と話していました。
 大阪高検 次席検事「適切に対応」
 無罪判決が言い渡されたことについて、大阪高等検察庁の畝本毅次席検事は「内容を精査し、適切に対応する」とコメントしています。
(2020年2月6日 19時08分 NHK)

乳児揺さぶり、母に逆転無罪 「誤嚥で窒息の可能性」―大阪高裁

 生後1カ月の長女を揺さぶるなどして頭部に傷害を負わせたとして、傷害罪に問われた母親(38)の控訴審判決が6日、大阪高裁であった。西田真基裁判長は「ミルクの誤嚥(ごえん)などで窒息した可能性を否定できない」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役6年)とした一審大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。
 2018年3月の一審判決は「傷害は成人による激しい揺さぶり行為によって生じた」と認定。誤嚥による窒息などの可能性があるとした弁護側の無罪主張を退けた。
 西田裁判長は、粘性のないミルクでも誤嚥で窒息し得るとの複数の医師の証言などを踏まえ、一審判決は「経験則などに照らし不合理」として誤りと判断した。
 母親は、14年12月に自宅で長女を揺さぶるなどして頭部に衝撃を与え、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせたとして起訴された。長女は18年に死亡した。
(2020年02月06日18時30分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます