報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

2審も遺骨引き渡し認めず 真宗大谷派前門首の四男が敗訴 大阪高裁

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)の故大谷光暢前門首(法主)の四男で大谷派を離れた光道氏が、大谷祖廟(同市東山区)に埋葬された歴代門首らの遺骨を含む土を引き渡すよう同派に求めた訴訟の控訴審で、大阪高裁(稲葉重子裁判長)は28日、訴えを退けた一審京都地裁判決を支持し、光道氏の控訴を棄却した。
 光道氏は光暢前門首から祭祀継承者に指名され、遺骨の所有権も受け継いだと主張していたが、稲葉裁判長は判決理由で「遺骨が埋葬された墓は大谷派が聖人の教えを追慕する象徴的施設で、聖域である祖廟地と一体で管理している。光暢氏個人に所有権があったとは認められない」と判断した。
(2017.9.28 21:20 産経WEST)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます